AX
PROFILE

 “bally” 

Author: “bally” 
____WELCOME!____
【sex】male
【birth】mar.1965
【favorite】
music : funk&soul,jazz,jazz-funk,brazil.....
movie : Nuovo Cinema Paradiso,across the univers,ange-la.....
【home】tokyo,Japan

Blog Ground Music

AD-Space

【広告】 観たい席で観たい映画を満喫 e席リザーブ

CATEGORY

  • 音楽(101)
  • 映画(80)
  • 日記(40)
  • Others(24)
  •   bally's Mall
  • RECENT ENTRY & COMMMENT

    03 | 2006/04 | 05
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -

    最近のコメント

    Search(in site)

    RecentTrackBack

    Monthly Archive

    QR-code

    QRコード

    Funk&Soul Music好き、映画好き、仕事チョイ好きサラリーマンの単なる記録
    Funky Sensation
    [------]
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
    [20060428]
    “「マトリックス」3部作のクリエイターによる衝撃の宣戦布告”
    この大仰なショルダーコピーのセンスは如何なものか、とも感じたが、とにかく最初にマトリックスを観たときの映像はセンセーショナルで素敵だった。それからナタリー・ポートマンは、私がマークしている女優の一人でもある。
    20060426201359.jpg
    ~ということで、映画「V for Vendetta / Vフォー・ヴェンデッタ」を観た。
    事前段階から劇場でのシネアドだけでなく一般媒体での露出も多く、情報番組ではナタリー・ポートマンが泣きながら髪を切られるところが衝撃シーンとして紹介される等の話題作だったのでそこそこ混んでいるものと予想したが、実際には、平日夜のせいか客席の埋まり具合は50%以下であったように思われる。
    制作のクレジットを見ると確かにマトリクッスの制作陣が名を連ねている。なんとなく各セクションのスタッフが役職一づつ昇格したような感じになっている。そう思ってみるとマトリクスでは名脇役“スミス”だったヒューゴ・ウィーヴィングも今回は主役“V”に見事昇格している(笑

    ⇒ 続きを読む
    スポンサーサイト

    2006-04-28(Fri) 01:25 映画 | トラックバック(2) | コメント(6) | 編集 |
    [20060424]
    先月に続いて、今日も大阪に来ている。
    昨年後半から大阪の仕事が多く、頻繁に訪れていたせいか、1ヶ月振りなのだが、今回はかなり久しぶりな感さえする。
    tpoint512d.jpg
    で、大阪ということで、今日も先月記事に取り上げたオキニなホテル“Hotel T'Point”に宿泊している。
    今日の部屋は512号室。例によって今日の部屋も素敵なインテリアデザインだ。クローゼットはプチ・ウォークイン型になっていて、なんと洗濯機と乾燥機が備わっている。(1泊しかできないのが惜しい) このホテルは部屋にCDデッキと天吊のオーディオスピーカも完備していて、好きなCDを持ち込むと更にステイを楽しめる。
    fantasyhotel.jpg tpoint512b.jpg 200604240322000.jpg
    ~というわけで、
    今日私が持込んだCDは将にぴったりなカール・アンダーソンの"Fantasy Hotel"
    ⇒ 続きを読む

    2006-04-24(Mon) 02:02 音楽 | トラックバック(2) | コメント(3) | 編集 |
    [20060421]
    映画「キスキス、バンバン / Kiss Kiss,Bang Bang」を観た。
    夜時間が作れそうだったので(何にしようかな?)とWEBの上映情報を眺めていたところ、このタイトルを発見。
    なんちゅうタイトルか!?と思いながら、少々概略チェックをと検索をかけてみると、今回の作品の他にも「キス★キス★バン★バン」なる別の映画もヒットして少々ビックリ!
    それはそれとして本作のチェックをしてみると、リーサルウェポンロング・キス・グッドナイトの脚本を手がけたシェーン・ブラックの監督進出作品となるサスペンス・コメディとのこと。
    (これ多分面白い!)直感的にそう思い、鑑賞作品決定!今年は「クラッシュ」「リトルイタリー~」と鑑賞した新人監督の作品が私的にアタリだったこともあり期待が膨らむ。21時から六本木での上映を見ることにした。
    ⇒ 続きを読む

    2006-04-21(Fri) 17:55 映画 | トラックバック(1) | コメント(9) | 編集 |
    [20060416]
    先日レビューしたDonald Fagenを購入した際に、2枚2990円のキャンペーン中だったこともあり、Corinne Bailey Rae(コリーヌ・ベイリー・レイ)の日本デビューアルバム“Corinne Bailey Rae”を一緒に購入した。
    Morph the Catを予定以上にスッカリ聞き込んでしまった関係で、この“Corinne Bailey Rae”の開封が大幅に遅れてしまった(苦
    コリーヌ・ベイリー・レイという名前とエリカ・バドゥ系という評判は何となく聞いてはいたのだが、色々と話題作が多い中、なんとなく購入のプライオリティが上昇してこなっかった。
    実際、購入した後も他の作品を聴いていて開封が遅れるというCDに大変失礼な対応をしてしまったのだが、いざ聴いてみると・・・・、情報GETから2ヶ月近く聴かなかったことを後悔というか、反省というか・・・・(コリーヌさん、ごめんなさい)・・・・という気持ちになった。昨日まで嵌っていたMorph the Catが霞んでしまう位素晴らしいと思った。
    ⇒ 続きを読む

    2006-04-16(Sun) 23:39 音楽 | トラックバック(0) | コメント(6) | 編集 |
    [20060415]
    20060415015410

    今日は赤坂の「鶴千」に来ている。
    いつもは3FのSOULフロアーに行くのだが、今日は同行した知人の趣向で4Fの80'sフロアへ。
    BLACK-BOX、ボンジョビ、カイリーミノーグ、リック・アストリー等がかかると総立ちになっている。
    ヤバイ!狂気!!この異様な盛り上がり!!!
    私の通常路線とは違うが、これはこれでサイコーだ\(^O^)/

    2006-04-15(Sat) 01:54 日記 | トラックバック(0) | コメント(3) | 編集 |
    [20060414]
    昨日、何か新しい音ネタをとCDショップをうろついていたところ、「13年ぶりでも許してあげよう」というキャッチコピーを配したドナルド・フェイゲンの新作のPOPを発見。
    何かとても久しぶりに思い出した名前だ。そうかぁ、「ナイトフライ」からもう13年か・・・・ん?違う違う!ナイトフライは私の学生時代の'82年だから13年どころではない。(最近は、人の名前を覚えるのも一苦労なのに、この頃の記憶はやたらディテールまで残っている・苦) ナイトフライといえば、スティーリー・ダンからソロになっての1stアルバムで私としてはオキニ・アルバムの1枚で、大ヒット曲“I.G.Y.”も収容されている・・・・そのわりには、'93年にリリースされた2ndアルバム"KAMAKIRIAD "の存在を私は認識していなかった。今回の"MorphTheCat"まで13年となっているが、'93年ということは、前作の場合も前々作から11年の月日を隔てている。ドナルド・フェイゲンは相当納得度が極まらないと世に作品を送り出さない人なのだろう。こういうのって私としては「~許す~」どころか好感さえ覚える。そんな贔屓目と次のアポイントの時間が迫っていて試聴コーナーを探す余裕もなかったので、今回は試聴無しで購入。帰宅後じっくり聴いてみることに・・・・。時既に深夜だったのだが、この方の場合、夜に一人で・・・・の気分の方がシックリくる。
    ⇒ 続きを読む

    2006-04-14(Fri) 17:24 音楽 | トラックバック(1) | コメント(6) | 編集 |
    [20060411]
    映画「プロデューサーズ / The Producers」を新宿で鑑賞した。
    ミュージカル映画って、大抵の場合は公開前にそこそこの、又はそれ以上の話題になる。ミュージカルという素材がエンターテイメントの王道として認識されている米国配給側のプロモーションに対する力の入れ方が大きいのだろう。配給側のプロモーション・バジェットの恩恵で日本の宣伝露出量も必然的に大きくなるということだと思う。

    私もそんなプロモーションの影響を受けて、ミュージカル映画公開の情報を知ると、大抵は「観たい」と感じる。
    ん・・・・?観たい?観てみたい?いや、寧ろ「観ておこうかな」という感覚が正直なところだったかもしれない。
    しかし、実際封切のタイミングになると、思うように時間が作れない中、他に観たい作品が沢山現れてしまい、結果的に「シカゴ」「オペラ座の怪人」も私の場合は観ていない。
    恐らくミュージカルそのものににあるであろう楽しさを理解できていない点が大きいのだろう。

    そんな中、この「プロデューサーズ」は、昨年ミュージカル自体が日本公演を行った際に、「シカゴ」も「オペラ座~」を大幅に上回るアワードの受賞やオリジナル性の高い作品に対する評価の高い評判を記憶していたので、(今度こそ!)と考えていた作品だ。
    ⇒ 続きを読む

    2006-04-11(Tue) 13:35 映画 | トラックバック(2) | コメント(6) | 編集 |
    [20060409]
    なんとなく最近GyaOの番組更新をチェックしてないなぁ、と思い久々にサイトを開いてみると・・・・・、なんとMarvin Gaye大先生のライブがUPされているではないか!!
    危ない危ない!来日アーティストが帰ってしまってから、ライブに気づいたりする情報収集の怠慢は最近の私の十八番的になっていたのだが、せっかくオン・デマンドになているGyaOでまでやってしまっては、いよいよ私も終わってしまうところだった。当然、即、マービン・ゲイのライブを堪能した。今のコンサートと違い、当然効果映像もなく、ライティングも生だけのシンプルな舞台装置で観客を酔わせている。流石は伝説のエンターティナーだ。
    gbenson.jpg
    な~んて思いながら更に番組リストをチェックしていると、George BensonのライブもUPされている。
    ~ということで、引続き早速チェックしてみる。
    ⇒ 続きを読む

    2006-04-09(Sun) 23:46 音楽 | トラックバック(2) | コメント(4) | 編集 |
    [20060407]
    昨日19時頃、仕事の打合せを終え銀座にいた。次の業務のアポイントは無く、こういうときは事務所に戻って雑務を片付けるか取引先か友人を誘って食事でもしようかと考えるのだが、昨日は何故かどうしても今から映画が観たい気分になった。

    週末ではないので時間的には微妙。7割方の劇場では最終の上映が既に始まっている頃なので、半ば諦めモードのiモード検索をかけてみたところ、偶然にも私が立っている地点から数十メートルのところにある劇場で19:30の「トゥー・フォー・ザ・マネー / Two For The Money」が入っている。確かアル・パチーノ主演のくらいは知っていたが、PCではなく携帯なのでそれ以上の情報を調べようとすると結構厄介だ。 ~ということで、時間的に他がないということもあり、そのまま劇場に直行。事前知識ゼロで、作品がスタートした。
    ⇒ 続きを読む

    2006-04-07(Fri) 13:37 映画 | トラックバック(3) | コメント(3) | 編集 |
    [20060404]


    今日、このサイトのアクセス具合を見てみたら、3/15に記述した"Nate James / ネイト・ジェームス"の記事のヒットが突然急増し、本日ブッチギリの第一位になっていた。 ・・・・と思ったら、この方、来日して4/2、3とイベントに出演してライブを行っていたようだ。 確かに売れ線の作りのアルバムだとは思っていたが、ちょっとビックリ。ネイト・ジェームスの名前だけでなく「21世紀のスティービー」「ひとりジャミロクウイ」のワード検索からのアクセスが非常に多かった。TVにでもでたのだろうか?
    このアーティスト、既にブレイクし始めているようだが、これから更に凄いことになりそうだ。因みに“Universal”のPVも初めて観たのだがナカナカFunkyだ。

    2006-04-04(Tue) 22:40 音楽 | トラックバック(1) | コメント(8) | 編集 |
    [20060403]


    昨日の"Larger Then Life"の記述の最後に、もう一枚のJody Watleyのオキニアルバムの存在について触れたので、思い立ったら吉日!タイミングを逸する前にシリ-ズでレビューしたい。
    この"Flower"のリリースは1998年。既出の"Larger Then Life"から9年後となるが、この間もJody Watleyは約2年毎にオリジナルアルバムをリリースし、徐々にSHALAMAR的ダンスサウンドの次の方向性を見出しそうとしていたように思われる。そういった意味では、プロデューサ、レーベルのスイッチを経てATLANTICからリリースされたこのアルバムは、ダンサー、ダンスミュージックアーティスト、シンガーへと変遷する彼女の1つの応え受け取ることができる。
    この応えに従来からのJody Watleyファンの中にはピンと来ない方もいたのではないかと思うが、私に関しては嵌った。
    ⇒ 続きを読む

    2006-04-03(Mon) 23:38 音楽 | トラックバック(1) | コメント(6) | 編集 |
    [20060402]


    猫山さんのブログ「音の世界」によると、なんと懐かしい SHALAMAR が近々来日とのこと。早速、コットンクラブのサイトでスケ確してみると・・・・ありました!5/29~6/3!
    しかし、なんと私的にはこの日をカバーする形で出張の可能性が高い状況になっている(涙
    それはそうと、コットン~のサイトは面白い書き方をしている。 "SHALAMAR featuring HOWARD HEWETT, JEFFREY DANIEL"って!? フィーチャリングもなにも HOWARD HEWETTもJEFFREY DANIELもSHALAMARそのもののメンバーなのに・・・・・と思っていたら・・・・なるほど、今回はVoのJody Watleyは来ない!ということを別の言葉で表現するとこうなるのかもしれない。今回来日メンバーのVoの方も期待大のようだが、いずれにしても Jody Watley を観れないのは残念!ということで、今日は彼女のアルバムをレヴュー。
    ⇒ 続きを読む

    2006-04-02(Sun) 22:07 音楽 | トラックバック(0) | コメント(2) | 編集 |
    [20060401]
    昨日、というべきか今朝方というべきか、取引先の方と目黒で食事をして恵比寿、六本木と2軒程飲んだ後、「この際!」ということのトドメの1軒!で久しぶりに赤坂の「SOUL DINING 鶴千」に行った。以前は「cafe GQ」という名前だった店が、どういう経緯かは知らないが昨年の11月位に「鶴千」に変わった。
    常連という程ではないが、2~3ヶ月に1回位のペースで、11~12年の付き合いになる店だ。
    ⇒ 続きを読む

    2006-04-01(Sat) 22:15 音楽 | トラックバック(0) | コメント(2) | 編集 |
    HOME
    copyright © 2005  “bally”  all rights reserved.

    Template By innerlife02

    RSS1.0 ,
    MUSIC PLAYER


    MusicPlaylist
    Music Playlist at MixPod.com

    FAVORITE SOUNDS

    MY BOOKMARK

    MOVIE BLOGS UPDATE!

    ----------------

    FUNK & SOUL BLOGS UPDATE!

    ------------

    関西トランスレイター

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。