AX
PROFILE

 “bally” 

Author: “bally” 
____WELCOME!____
【sex】male
【birth】mar.1965
【favorite】
music : funk&soul,jazz,jazz-funk,brazil.....
movie : Nuovo Cinema Paradiso,across the univers,ange-la.....
【home】tokyo,Japan

Blog Ground Music

AD-Space

【広告】 観たい席で観たい映画を満喫 e席リザーブ

CATEGORY

  • 音楽(101)
  • 映画(80)
  • 日記(40)
  • Others(24)
  •   bally's Mall
  • RECENT ENTRY & COMMMENT

    06 | 2006/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -

    最近のコメント

    Search(in site)

    RecentTrackBack

    Monthly Archive

    QR-code

    QRコード

    Funk&Soul Music好き、映画好き、仕事チョイ好きサラリーマンの単なる記録
    Funky Sensation
    [------]
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
    [20060716]
    George Dukeといえば、ジャズ/フュージョン界のキーボードプレイヤー兼プロデューサーの大御所で且つ1982年にリリースされたアルバム『Dream On』のヒットで一躍ファンキーなダンスサウンドの世界でもその名を轟かせた存在として知られている。
    私自身に関しても、ご多分に漏れず“シャー!!”とノッケからファンキーにスタートしてチョッパーのベースが効きまくってる「Shine On」を高校時代に友人に聴かせてもらって(うぉー!カッコイイ!!)と思ったのがGeorge Dukeサウンドとの出会いとなった。
    followtherainbow.jpg
    『Dream On』をキッカケに他のアルバムを色々聴く中、Stanley ClarkeとのコラボレーションによるClark・Duke・Projectの作品や1995年のIllusions等好きな作品は多いのだが、「Dream On」以前となる1979年にリリースされた『Follow The Rainbow』『Brazilian Love Affair』『Master Of The Game』の3作は、『Dream On』というヴォーカル型ダンス・ファンク・アルバムの一つの完成形に向けてGeorge DukeがクリエイティブにチャレンジしたFunk好きのballyにとっては大好きなアルバムになっている。
    とりわけ本日のお題となる『Follow The Rainbow』はその中で最初にリリースされた作品で、セールス的には成功したアルバムではないようだが、ファンキー度合いでは『Dream On』を遥かに上回る刺激的な作品ではないかと思う。
    ⇒ 続きを読む
    スポンサーサイト

    2006-07-16(Sun) 14:46 音楽 | トラックバック(0) | コメント(6) | 編集 |
    HOME
    copyright © 2005  “bally”  all rights reserved.

    Template By innerlife02

    RSS1.0 ,
    MUSIC PLAYER


    MusicPlaylist
    Music Playlist at MixPod.com

    FAVORITE SOUNDS

    MY BOOKMARK

    MOVIE BLOGS UPDATE!

    ----------------

    FUNK & SOUL BLOGS UPDATE!

    ------------

    関西トランスレイター

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。