AX
PROFILE

 “bally” 

Author: “bally” 
____WELCOME!____
【sex】male
【birth】mar.1965
【favorite】
music : funk&soul,jazz,jazz-funk,brazil.....
movie : Nuovo Cinema Paradiso,across the univers,ange-la.....
【home】tokyo,Japan

Blog Ground Music

AD-Space

【広告】 観たい席で観たい映画を満喫 e席リザーブ

CATEGORY

  • 音楽(101)
  • 映画(80)
  • 日記(40)
  • Others(24)
  •   bally's Mall
  • RECENT ENTRY & COMMMENT

    04 | 2008/05 | 06
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31

    最近のコメント

    Search(in site)

    RecentTrackBack

    Monthly Archive

    QR-code

    QRコード

    Funk&Soul Music好き、映画好き、仕事チョイ好きサラリーマンの単なる記録
    Funky Sensation
    [------]
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
    [20080518]

    angelacotton.jpg
    昨夜はContton ClubでAngela Johnsonの来日公演を楽しんだ。

    Angela Johnsonが参画するユニットCooly's Hot Boxの2001年のアルバム「Take It」に収められている“Make Me Happy”を聞いて一発でヤラれてしまったブラックミュージックファンの方は私以外にも沢山いるのではないだろうか。。。

    その後のソロプロジェクトは勿論Reel Peopleに参画した“In The Sun”も私の個人的お気に入りランキングの上位に君臨している。

    ~といった具合なファンなわけだが、ライブを聴くのはこれが初めてだった。

    コットンクラブの案内で見たところでは、メンバーは、
    Angela Johnson(vo)の他に
    Tamar-Kali(back vo)、 Nick Rolfe(key,back vo)、 Calvin Jones(b)、Chris Eddleton(ds)
    ギター無しのシンプルな構成。

    豪華メンバーとのコラボがラインナップされた新作のアルバム「Woman's Touch」もとても素晴らしい出来だったので、期待を大きく膨らませて最終日2ndの席に着いた。
    ⇒ 続きを読む
    スポンサーサイト

    2008-05-18(Sun) 23:30 音楽 | トラックバック(0) | コメント(5) | 編集 |
    [20080512]
    huntingpty002.jpg
    映画『ハンティング・パーティ (The Hunting Party)』を観た。
    元々、内容的にも面白そうだと思っていたし、「クラッシュ」「ハッスル&フロウ」で好演を見せてくれたテレンス・ハワードは好きな役者の一人でもあったので以前から楽しみにしていた作品。
    また、同業の知人 “世田谷のProducer”氏が公式ブログを手がけていた関係で前日にノベライズ関係者の皆さんのヒット祈念パーティにお邪魔し、配給の方にもお会いしたりということもあり、エール含みで今回は公開早々に観ることにした。

    武蔵野館にしようかワーナーマイカル板橋にしようか迷ったのだが、次の予定との時間の関係で新宿武蔵野館に行くことに。

    ■監督/脚本: リチャード・シェパード  ■音楽: ロルフ・ケント
    ■製作年/国 :2007年 アメリカ   ■配給会社 :エイベックス・エンタテインメント
    ■時間 :103分
    ■出演: リチャード・ギア(サイモン・ハント)、テレンス・ハワード(ダック)、ジェシー・アイゼンバーグ(ベンジャミン)、ダイアン・クルーガー(マルヤナ)、ジェームズ・ブローリン、ジョイ・ブライアント、マーク・イヴァニール、ゴラン・コスティッチ、ディラン・ベイカー 他

    「「「「「[シノプシス:goo映画より]「「「「「
    かつて紛争地域から、伝説的なレポートを送り届けていたサイモンとカメラマンのダック。しかしある事件がもとでサイモンは仕事をクビになる。一方、本国に戻ったダックは出世していた。その二人が数年ぶりにボスニアのサラエボで再会する。「大きなネタ」を持っていると言うサイモン。それは虐殺事件の首謀者であり、戦争犯罪人フォックスの情報だった。フォックスを求めて、彼らは危険地帯へと足を踏み入れる…。

    ⇒ 続きを読む

    2008-05-12(Mon) 08:22 映画 | トラックバック(5) | コメント(4) | 編集 |
    [20080506]
    tsugunai001.jpg
    少々前のこととなるが、映画『つぐない/Atonement』を観た。
    劇場は、テアトル・タイムズスクエア。
    ここは、スクリーンも観易いし、流行りもの追いではないセンスの良い作品を見せてくれる好きな劇場の一つだ。
    この映画は何故か早い段階から気になっていて、公開されたら早々に観に行きたいと思っていた作品。イアン・マキューアンの原作「贖罪/Atonement」も話題となったが私はノベルの方は読んでいない。

    監督: ジョー・ライト
    脚本: クリストファー・ハンプトン
    出演: キーラ・ナイトレイ (セシーリア・タリス)、ジェームズ・マカヴォイ( ロビー・ターナー)、シアーシャ・ローナン(ブライオニー・タリス/13歳)、ロモーラ・ガライ(ブライオニー・タリス/18歳)、ヴァネッサ・レッドグレーヴ(ブライオニー・タリス/老年)、ブレンダ・ブレシン(グレイス・ターナー)、パトリック・ケネディ( リーオン・タリス)、ベネディクト・カンバーバッチ (ポール・マーシャル)、ジュノー・テンプル(ローラ・クィンシー)

    「「「「シノプシス:goo映画より「「「「
    第二次世界大戦前夜、夏のイングランド。政府官僚の娘で未来の大作家を自負する13歳のブライオニーは、大学を卒業したばかりの姉セシーリアと使用人の息子で幼なじみのロビーのただならぬ関係を察知し、ロビーへの警戒心を抱く。そして事件は起きる。ブライオニーの嘘の証言によって、愛しあう恋人たちは無残にも引き裂かれ、犯した過ちの重さにブライオニーが気づいたときには、泥沼の戦争が始まっていた。


    ⇒ 続きを読む

    2008-05-06(Tue) 00:51 映画 | トラックバック(3) | コメント(2) | 編集 |
    HOME
    copyright © 2005  “bally”  all rights reserved.

    Template By innerlife02

    RSS1.0 ,
    MUSIC PLAYER


    MusicPlaylist
    Music Playlist at MixPod.com

    FAVORITE SOUNDS

    MY BOOKMARK

    MOVIE BLOGS UPDATE!

    ----------------

    FUNK & SOUL BLOGS UPDATE!

    ------------

    関西トランスレイター

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。