AX
PROFILE

 “bally” 

Author: “bally” 
____WELCOME!____
【sex】male
【birth】mar.1965
【favorite】
music : funk&soul,jazz,jazz-funk,brazil.....
movie : Nuovo Cinema Paradiso,across the univers,ange-la.....
【home】tokyo,Japan

Blog Ground Music

AD-Space

【広告】 観たい席で観たい映画を満喫 e席リザーブ

CATEGORY

  • 音楽(101)
  • 映画(80)
  • 日記(40)
  • Others(24)
  •   bally's Mall
  • RECENT ENTRY & COMMMENT

    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    最近のコメント

    Search(in site)

    RecentTrackBack

    Monthly Archive

    QR-code

    QRコード

    Funk&Soul Music好き、映画好き、仕事チョイ好きサラリーマンの単なる記録
    Funky Sensation
    [------]
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
    [20060908]
    20060907174104.jpg
    同業の友人の推薦により少々前のものなのだが『サッポロビール ドラフトワン革命』(竹間忠夫著/実業乃日本社)という本を読んだ。
    「ドラフトワン」というビール(厳密に言うとビールではないが・・・・)を飲んだことのある方、あるいご存知の方は多いのではないだろうか。
    実はballyは、ビールというのはあまり得意ではない。アルコール全般を好んで多く飲むほうではないということもあるのだが、ビールの場合、好きな方にはたまらないであろうあの臭いと苦味が得意ではない。
    私自身が広告関係の企画の仕事をしているせいもあるかと思うが、そんなビールが苦手な私でも、このサッポロのドラフトワンが低迷を続けていたサッポロビールを救った大ヒット商品であることは認識している。

    この本は、そのサッポロ「ドラフトワン」の開発の経緯から、サッポロビール社員皆の期待と不安を背負いながら発売されて、結果単なるヒット商品を超えて「第三のビール」というヒットカテゴリーを産み、それによって企業を救ったたけでなく、この老舗ビールメーカーの風土にまで変化をもたらした様迄を登場する社員の実名を交えて綴ったドキュメンタリーとなっている。
    ====【目次】========================
    第1章 ドラフトワン開発秘話(他社が真似のできない商品を;難航した原料選び;九州発の全国ブランド商品を提案;誕生へ社内の歯車が一斉に動き出す)
    第2章 商品化を目指して全社が動き出す(新体制移行の中での商品化;商品コンセプトにこだわる;先行発売でリスクを小さくする;本格生産に立ちはだかるハードル)
    第3章 九州先行発売成功の素地(大型商談から得た確かな手ごたえ;初めての本格的テストマーケティング;新九州工場の情報発信力)
    第4章 全国発売へ高まる期待の中で(ドラフトワンが認知されるために)
    エピローグ サッポロビールは変わったのか
    ==================================

    <概略>
    '90年代後半、長引く業績悪化に喘いでいたサッポロビール。
    当時、静岡に勤務していた一人の技術者であり研究者でもあった柏田修作氏に閃いたアイデアを起点に、彼と彼を信頼する周囲の社員がサッポロビールを蘇らせるべく、お互いの信頼と協力、そして個々人の強い思いの元、新商品開発に向けた戦いを開始した。
    新しいビールファンを獲得し、市場を拡大する為に求められるものはスッキリ味だと確信した柏田のアイデアとは、ビールを飲まない人が嫌う臭いと苦味のないスッキリ味を実現する為に“麦も麦芽を使わない”でビールをつくるということ。
    “ビールは麦が命”といわれる業界においては常識ハズレも甚だしい話だ。サッポロビールのような老舗ビールメーカーにおいては尚更その傾向は強い。
    業界の常識ではなく、お客様の欲しいものを突き詰めた結果訪れたこのアイデアは、柏田に賛同する周囲のメンバーによる“裏”研究としてスタートした。
    コードネーム〝ZIP〟と名づけられたこの新商品。
    徐々にこの裏研究が、社内のキーパーソンに開かされるが、この時キーパーソン達は、不安を感じながらも裏研究をとめることはしない。
    やがて、柏田は九州へと転勤となるが、残ったメンバーがビール作りに必要な麦に変わるタンパク源としてえんどう豆という新たなタンパクを発見する。
    ところが、開発というのはそう簡単なものではない。
    次々と発生する問題、課題。
    何度も作っても決して旨くなはい試飲ビール。
    でも、柏田と協力者たちはきっと上手くいく信じた。括弧たる信念があった。
    「ビール好きに嫌われないか!?」
    「サッポロがこんなビールを作ってもいいのか!?」
    社内の抵抗勢力は予想通り現れたが、九州と静岡に分かれても、信頼で結ばれる裏研究メンバーは、志の高い幹部の理解を経て努力を続ける。
    紆余曲折、問題の数々を乗り越え、4年の歳月をかけて、コードネームZIPは「ドラフトワン」と名づけられ、皆の期待と不安の中、九州でテストマーケティング(先行発売)された。
    予想を遥かに上回る反響、注文。技術者の柏田らもスーパー等の販売店への商談に同行する。
    週末には担当以外の部署の社員も店頭にでての応援販売を買って出る。サッポロビール九州支社一丸となって「ドラフトワン」を押し上げた。
    九州での成功を受けて全国発売になると、今度は全社一丸となって「ドラフトワン」を盛り上げる。
    社長もディスカウントストアの店頭に立って「ドラフトワン」を販売する。
    こうして「ドラフトワン」は、空前の大ヒット商品となり、サッポロビールを業績悪化から救った。
    そして、そればかれではなく、老舗企業にチャレンジする思想、前例にとらわれずお客様の欲しいものを見極め、突き詰める思想の企業体質に変貌をとげた。
    ==================================

    一人一人の行動に伴う括弧たる意思と思いが活字から伝わってくる。
    映画の主人公を応援するかのように、本に引き込まれていく自分を感じた。

    サッポロの「ドラフトワン」は、優れた研究と技術ばかりでなく、全社一丸となった思いが盛り込まれた商品であることにより、販売店の心を動かし、その販売店の力とも掛け合わさって消費者の心を動かすことができたものだと考える。

    私自身、普段企画の仕事をしながら、マーケティングデータや得意先の慣例に取り付かれていてはいけないと考えている。しかし、それには、データと得意先の希望にそってモノゴトを組み立てていくときの数倍のエネルギーが必要となる。
    表層的な企業経営効率論的に言うと、こんな人材は失格と会社からいわれそうだが、結果として選ばれて、支持や共感をえられる企画でなければ成功に辿り着けない。
    データが正しいと判断することをなぞっていたのでは、プランナーという人間が存在する意義がない。
    受け手である消費者には「五感」があり、その五感それぞれに「気分」や「機嫌」が掛け合わさったりする。
    それが、人間というものだ。
    そんな人間の心を動かすのは、これもまた人間の心なのだと思う。
    日進月歩するテクノロジーは、我々に多くのメリットを齎すが、これはプラットホームでしかない。モノゴトの作り手(その人は一歩仕事を離れると受け手でもある)はそのプラットホームに心を載せて走らせない限り、人の心には到達できない。

    この本を読んで、私が日頃こんな風に漠と感じていることを後押ししてもらえたようで勇気付けられ、奮起材料とすることもできた。

    とはいえ、この本が出版されてから1年強経過した現在、競合他社の必死の攻勢により、サッポロビールは自らが開発し、前年にビール大手4社中トップであったこの「第三のビール」市場のシェアにおいて最下位に転落してしまった。現代社会のスピードをあらためて目の当たりにする感じだ。
    でも、企業体質を変革したとされるサッポロビールが思いと更なる英知を結集した+αの何かによって、企業規模では遥かにサッポロを上回るキリン、アサヒといったマンモスに対して再度の巻き返しを成功させる姿を是非見てみたい。



    スポンサーサイト

    2006-09-08(Fri) 00:38 日記 | トラックバック(1) | コメント(0) | 編集 |

    管理者にだけ表示を許可する
    Top
    http://bally.blog47.fc2.com/tb.php/103-c1fc0962

    ドラフトワン関連Blogリンク集
    2006-09-20(Wed) 14:47 | 話題Blogナビ 
    HOME
    copyright © 2005  “bally”  all rights reserved.

    Template By innerlife02

    RSS1.0 ,
    MUSIC PLAYER


    MusicPlaylist
    Music Playlist at MixPod.com

    FAVORITE SOUNDS

    MY BOOKMARK

    MOVIE BLOGS UPDATE!

    ----------------

    FUNK & SOUL BLOGS UPDATE!

    ------------

    関西トランスレイター

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。