AX
PROFILE

 “bally” 

Author: “bally” 
____WELCOME!____
【sex】male
【birth】mar.1965
【favorite】
music : funk&soul,jazz,jazz-funk,brazil.....
movie : Nuovo Cinema Paradiso,across the univers,ange-la.....
【home】tokyo,Japan

Blog Ground Music

AD-Space

【広告】 観たい席で観たい映画を満喫 e席リザーブ

CATEGORY

  • 音楽(101)
  • 映画(80)
  • 日記(40)
  • Others(24)
  •   bally's Mall
  • RECENT ENTRY & COMMMENT

    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    最近のコメント

    Search(in site)

    RecentTrackBack

    Monthly Archive

    QR-code

    QRコード

    Funk&Soul Music好き、映画好き、仕事チョイ好きサラリーマンの単なる記録
    Funky Sensation
    [------]
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
    [20061124]
    『プラダを着た悪魔』って如何にも日本の女の娘達が好きそうな邦題をつけたもんだな・・・・なんて思っていたら、なんと原題も『The Devil Wears Prada』で原作の邦題も『プラダを着た悪魔』だった。
    そのまんまやないけ!?なワケだった(笑
    本来の私路線とはちょっと違うのだが、知人の方がプロモーションの仕事で頑張っているということもあり、エールの意味合いも込めての鑑賞となった。
    PRADA001.jpg
    製作年: 2006年 製作国: アメリカ
    配給: 20世紀フォックス映画
    監督: デヴィッド・フランケル
    製作: ウェンディ・フィネルマン
    製作総指揮: ジョセフ・M・カラッシオロ・Jr 、カーラ・ハッケン、カレン・ローゼンフェルト
    脚本: アライン・ブロッシュ・マッケンナ
    衣装デザイン: パトリシア・フィールド
    音楽: セオドア・シャピロ
    出演: メリル・ストリープ、アン・ハサウェイ、エミリー・ブラント、スタンリー・トゥッチ、エイドリアン・グレニアー、トレイシー・トムズ、サイモン・ベイカー、リッチ・ソマー、ダニエル・サンジャタ


    ====[シノプシス:goo映画より]===========
    大学を卒業したばかりのアンディの夢は、ジャーナリストだ。しかしそんな彼女が、ひょんなことから就いたのは、NYの一流ファッション誌の編集長アシスタント。多くの女性が憧れる職業かもしれない。でも当のアンディには興味ゼロの世界。果てはジャーナリストになるため!と職場に向かったのは良いけれど、彼女が手にしたアシスタント職は、生易しいモノではなかった。超カリスマ的な存在として君臨する編集長のミランダは、まさに「プラダを着た悪魔」だったのだ。
    =======================

    平日、しかも豊島園(ユナイテッドシネマ)という場所柄もあり、エールを送る立場としては残念であったが劇場内は空いていた。
    ・・・・で内容は、
    やはり華やかな世界は観ていると嬉しい気持ちになってくる。映像演出の作り方も非常にお洒落に仕立てられていて、アンディ(アン・ハサウェイ)がとにかく可愛かったし、悪魔のミランダ(メリル・ストリープ)もいい味出してたし、意表ついたオオモノもしれっと顔見せたり・・・・という訳で単純に楽しかった。
    prada.jpg
    メリル・ストリープと並んで主演を務めたアン・ハサウェイ・・・・・何に出てた娘だったっけなぁ??と思っていたのだが、調べてみたらこれまた私路線とは若干異なる(でも、何故か観た:笑)「プリティ・プリンセス」だった。「ブローバック・マウンテン」を観なかった私にとっては相当久しぶりだったのだが、この娘、ほんと益々綺麗になっていた^^ヾ

    ストーリーとしては、なんとなく予告編等を見て想像していたものがその通りといった感じだったが、自分自身の本質を確りと確認・尊重して決断・行動した人(=本物:ミランダ&アンディ)が勝ち、周囲の権力や流れにに器用に迎合・融合し、賢く振舞っているかに見えたナイジェル(スタンリー・トゥッチ :いい人なのに・・・)や一見エグゼクティブのトンプソン(サイモン・ベイカー )等は結局勝てないということが象徴的に描かれいた。

    賢いとか、頑張るということとは全く別の次元の問題として、周囲の権力やトレンドを超越して尊重できる自分像があるのか否か・・・・生き様の大切なテーマだと思う。
    華やかな映画で楽しんで一息ついたところで、恥ずかしながら40過ぎてまだそんな存在になれていない己を痛感するballyであった・・・・。


    スポンサーサイト

    2006-11-24(Fri) 22:00 映画 | トラックバック(2) | コメント(8) | 編集 |
    □ TBありがとうございました by マオ

     こんにちは。初めてお邪魔いたします。
     ballyさんのおっしゃるように、観終わってすぐはただ浮き浮きした気分になるのに、少し経つと生きかたのテーマに思い当って少し考えさせられる…といった感じの映画でしたね。わたしはスタンリー・トゥッチが好きなので、ナイジェルには小物なりに成功してほしいと思っているのですけれど…。
     こちらからもTBさせていただきました。また遊びに来させてくださいね。

    2006-11-26(Sun) 17:55 | URL | #a7ZwVlwA [ 編集 ]
    □ マオさん、こんばんわ by bally

    ご来訪とコメントありがとうございます。
     >ナイジェルには小物なりに成功してほしいと思っているのですけれど…。
    これは、私も同感です。・・・・で、こういう人は大好きです。
    彼がガッカリした次の瞬間の台詞が印象的でしたね。確か“次を信じる”的な・・・・。
    もう一度ミランダに着いていこうとしている彼は本当に優しくてイイ人なんです。そして、そのパーソナリティによってあのチームの実質No.2になっているのですから既にある程度の成功者となっているわけですよね。
    しかも、ミランダのように多くの敵ももたない。やはり賢いのですよね。
    トンプソンと一緒に書いてしまったので悲観的な側面だけが見えてしまいましたが、ナイジェルのようなタイプ、ミランダやアンディのようなタイプ・・・・色々な人が世の中には必要で、その人なりのスケールで成功や失敗をすることで社会が成立しているのですね。
    皆がミランダみたいな大勝負型だったら大変な世の中になっちゃいますよね(笑

    2006-11-26(Sun) 18:31 | URL | #SmD5F9mI [ 編集 ]
    □ ナイジェルのせりふ by マオ

     たしか「いつか償ってくれるさ」でしたね。「ほんとうにそう思う?」とアンディに聞かれて苦笑いしていましたけれど、こういうところがナイジェルのよさなんでしょうね。
     でもやはり、ナイジェルみたいな優しい人には心情的に報われてほしかったですよね。心ないことも平気でできるミランダと、あくまで人の気持を大切にするアンディの違いもそこにある気がします。
     なんといっても自分の周りにいてほしいのは、ミランダよりは絶対にナイジェルのような人ですものね^^

    2006-11-26(Sun) 21:17 | URL | #a7ZwVlwA [ 編集 ]
    □ マオさん by bally

     >「いつか償ってくれるさ」
    ありがとうございます。そうでしたね。
    歳取るとホント記憶力がダメですね(>_<)

     >自分の周りにいてほしいのは、ミランダよりは絶対にナイジェルの
     >ような人ですものね^^
    ハイ、同感です。でも、偶にミランダのような人とお知り合いになると人生のスパイスとして素敵かもしれませんね(笑

    2006-11-27(Mon) 02:07 | URL | #SmD5F9mI [ 編集 ]
    □  by さわっこ

    ballyさーーーん!!お邪魔するのが遅くなってごめんなさい!!
    ストーリーよりもファッションに踊らされまくってたさわっこです(恥)
    でもさわっこ正直ラストはアンディにやめてほしくなかったなーと思っています。でもあのラストじゃないとスト-リー的におかしいですけど。(^^;)
    初心貫徹は大事ですが自分を取り戻したアンディのあの職場での働きっぷりを見てみたくもあったので。。。
    しかし自分を確立するって難しいことですよね(-_-;

    自分自身がよくわからないさわっこにはそんなのいつできるのやらさっぱりです(^^;)

    2006-12-02(Sat) 17:56 | URL | #- [ 編集 ]
    □ Oh!!さわっこサン by bally

    久しぶりですね。お元気そうでなによりです。
     >ストーリーよりもファッションに
    この映画の楽しみ方の大事な一つですよね。
     >自分を取り戻したアンディのあの職場での働きっぷりを
     >見てみたくもあったので。。。
    確かに!ミランダと戦えるのは、或いは超えられる可能性があるのは彼女しかいませんでしたからねぇ。
     >自分を確立するって難しいことですよね
    ハイ、これまた確かに!私もできてませんし、私の周りのお父さん達も実はできていなに人が沢山いるみたいです。
    でも、自分確立というレベルかどうかは分かりませんが、色々な人と話をしていると自分のなりたい像をイメージし続けてる人は何歳になっても楽しそうに生きてますね。

    2006-12-02(Sat) 21:56 | URL | #SmD5F9mI [ 編集 ]
    □ おひさしぶりです~☆ by dk

    こんばんは。お久しぶりです!

    >周囲の権力やトレンドを超越して尊重できる自分像があるのか否か・・・・生き様の大切なテーマだと思う。

    この映画は↑が本当のテーマですよね!
    なんか実際の自分の周辺でも、組織のしがらみや自分の理想や思惑が絡み合って動いていくから、すごく身近なテーマだと思いました。

    最近オーマイニュースに投稿してまして、この映画のことも書いてみました。もしよかったら覗いてみてください~。
    http://www.ohmynews.co.jp/News.aspx?news_id=000000003419

    2006-12-09(Sat) 02:03 | URL | #bCX/9bio [ 編集 ]
    □ dkさん、こんばんわ by bally

    お久しぶりです。
    オーマイニュースの記事拝見しました。
    ファッションの話題が先行して、女性向け作品とイメージされがちですが、dkさんも私とほぼ同じ感想を持たれているっみたいですね。
    勿論華やかなファッションは見ていると楽しい気持ちになりますけどね。。。。

    2006-12-10(Sun) 21:43 | URL | #SmD5F9mI [ 編集 ]

    管理者にだけ表示を許可する
    Top
    http://bally.blog47.fc2.com/tb.php/138-0822fff6

    朝一の回で『プラダを着た悪魔』(The Devil Wears Prada, 2006)を観てきました。 ありがちな話だけれど手堅くておもしろかったです。わたしにはサクセスストーリーや・愛の部分よりも、お洋服っていいなーと思えました。やはりおしゃれはするに限る。 主役三人の配役が
    2006-11-26(Sun) 17:38 | あかつき書見台 

    満足度★★★★☆あ、アドレナリンが・・・!!爆発するです!!お洋服がかわいすぎるよーーーーー(>_<)!正直ストーリーなんてどうでもいい(え?)あらすじジャーナリスト志望のアンドレア(アンディ
    2006-12-02(Sat) 17:38 | 映画感 
    HOME
    copyright © 2005  “bally”  all rights reserved.

    Template By innerlife02

    RSS1.0 ,
    MUSIC PLAYER


    MusicPlaylist
    Music Playlist at MixPod.com

    FAVORITE SOUNDS

    MY BOOKMARK

    MOVIE BLOGS UPDATE!

    ----------------

    FUNK & SOUL BLOGS UPDATE!

    ------------

    関西トランスレイター

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。