AX
PROFILE

 “bally” 

Author: “bally” 
____WELCOME!____
【sex】male
【birth】mar.1965
【favorite】
music : funk&soul,jazz,jazz-funk,brazil.....
movie : Nuovo Cinema Paradiso,across the univers,ange-la.....
【home】tokyo,Japan

Blog Ground Music

AD-Space

【広告】 観たい席で観たい映画を満喫 e席リザーブ

CATEGORY

  • 音楽(101)
  • 映画(80)
  • 日記(40)
  • Others(24)
  •   bally's Mall
  • RECENT ENTRY & COMMMENT

    03 | 2017/04 | 05
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -

    最近のコメント

    Search(in site)

    RecentTrackBack

    Monthly Archive

    QR-code

    QRコード

    Funk&Soul Music好き、映画好き、仕事チョイ好きサラリーマンの単なる記録
    Funky Sensation
    [------]
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
    [20070113]
    今日は、先日のJADOESに続く、『Funky Sensation・2007年新春企画ぅ!? Back To Boy's Life Music Review』(←長い!)の第2弾。

    ~で、お題は、
    Herbie Hancock(ハービー・ハンコック)が1981年にリリースしたアルバム『Magic Windows』

    正直言って、ハンコック党の皆さんやジャズ&フュージョン通の皆さんの間では評判悪かったアルバム。
    bally的には「Wow!カッコイイ!」なアルバムなのだが、なんとなく、このアルバムが置かれた立場は、ジョージ・デューク(George Duke)先生の『Follow The Rainbow』と似ているような気がしないでもない(笑

    元々ジャズに造詣が深くもなく、ハービー・ハンコックに大きな興味を持っていなかった私がこのアルバムと出会ったのは、その発売の数年程後、“Rockit”という曲がこれまた従来のハンコック党の方からは疑問符がつきながらも、世間的には大ヒットした頃だった。

    『Magic Windows』がなぜハンコック党の皆さんの評判が芳しくなかったというと、それまでのジャズやジャズ・フュージョンの路線とは異なり、FUNK/DISCOの路線に思いっきりいっているので「もはやジャズでもフュージョンでもない!」みたいな声が起こったのだろう。

    まぁ、そのFUNK/DISCO路線があったからこそ私に刺さってきたわけだが(笑


    Magic Windows / Herbie Hancockwidth="150" height="70" wmode="transparent">


    =======================[視聴:01~06]


     01). Magic Number
     02). Tonight's the Night
     03). Everybody's Broke
     04). Help Yourself
     05). Satisfied With Love
     06). Twilight Clone


    bally的オキニTUNEは、01)“Magic Number”、03)“Everybody's Broke”、04)“Help Yourself”。

    01)は理屈無用!イントロの出だしでやられる!
    03)は中盤にヴォーカルがのってくるあたりからカッコ良くなってくる。私が大好きなジョージ・デュークの1979年シリーズあたりにも通ずる雰囲気がある。
    04)も01)と同様の理屈無用系だが、思いっきりファンクに振ってて、コーラスの厚みなんかもあってカッコ良い!

    このアルバム、実は参加ミュージシャンもナカナカ。

    01のギターと02のギター&ドラムでRayParkerJRが、01のヴォーカルにはSylvester、03~05のヴォーカルには、後に“One Step Closer to You”でヒットを飛ばしたGavin Christopherの名がクレジットされていた。

    各曲は長めだが、全6曲ってところが、いかにも四半世紀前のレコードだ。最近のCDみたいに20曲近く入ってるヤツも長すぎかなって感じてしまうこともあるが、それにしても今聴くと6曲はちょっと寂しい感じ。

    でも、久しぶりに聴いていると、特に01)が始まった瞬間なんかは、つい嬉しくってにやけてしまう感じだった。
    ~ということでCDも欲しくなってしまったのだが、案の定今は発売されていない模様。

    「Music Avenue」Kaz-shinさんを見習い、BOOK OFFや中古店等に通う必要がありそうだ(笑


    せっかくなので、懐かしき“Rockit”のPVなんぞも見てしまおう!
    今でこそ普通になっているが、当時はこんな風にスクラッチを“正規の音”として使う文化はまだなかったので斬新だった。



    スポンサーサイト

    2007-01-13(Sat) 21:30 音楽 | トラックバック(0) | コメント(4) | 編集 |
    □ うわうわっ by 猫山

    全くの門外漢ですが、どこのファンクバンドですか!?という音でビックリです。一曲目にはやられました!シングルカットされなかったのですか?スマッシュヒットしておかしくないと思うのですが・・全6曲とは、少数精鋭ですね。そして懐かしきRockit!当時「歩ける」ロボットなんてあったっけ?なんて、別の意味でもその斬新さに改めて感心してしまいました。
    新春企画、楽しいです!

    2007-01-14(Sun) 00:49 | URL | #- [ 編集 ]
    □ こんばんわ by アベル

    試聴させてもらいましたが、全曲渋い!カッコいいですね!ハービーハンコックは本当に引き出しが広いですね!是非、CD化して欲しいですよね!

    2007-01-14(Sun) 01:39 | URL | #- [ 編集 ]
    □ 猫山さん by bally

    シングル展開したかどうかは・・・・・、私もアルバム発売2~3年後だったのでシングルの認識はしていなかったのですが、ジャケットに貼ってあったステッカーを見る限りではSGLはEverybody's Brokeだったみたいですね。
     
     >新春企画、楽しいです!

    ありがとうございます^^
    あと3枚程・・・・追ってUPしてみます。

    あっ、猫山さん!
    Con Funk Shun詳細レポ、楽しみにしてますよ~^^

    2007-01-14(Sun) 11:04 | URL | #SmD5F9mI [ 編集 ]
    □ アベルさん、こんにちは by bally

    ハービー・ハンコックだけではなく、クインシー・ジョーンズ、ジョージ・デューク、スティービー等長年一流でいる人なんかは、多かれ少なかれ色々な活動をする中で固定ファンの人達から多少反感買う時期を乗り越えてるような気がします。
    やはり、今ウケがいいものを作るのではなく、受け手に提案していくような新しいトライを続けていくところから、多くの人々を魅了していくクリエイティブなモノが生まれていくのだなと思いました。

    2007-01-14(Sun) 11:15 | URL | #SmD5F9mI [ 編集 ]

    管理者にだけ表示を許可する
    Top
    http://bally.blog47.fc2.com/tb.php/156-2ea5fec2
    HOME
    copyright © 2005  “bally”  all rights reserved.

    Template By innerlife02

    RSS1.0 ,
    MUSIC PLAYER


    MusicPlaylist
    Music Playlist at MixPod.com

    FAVORITE SOUNDS

    MY BOOKMARK

    MOVIE BLOGS UPDATE!

    ----------------

    FUNK & SOUL BLOGS UPDATE!

    ------------

    関西トランスレイター

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。