AX
PROFILE

 “bally” 

Author: “bally” 
____WELCOME!____
【sex】male
【birth】mar.1965
【favorite】
music : funk&soul,jazz,jazz-funk,brazil.....
movie : Nuovo Cinema Paradiso,across the univers,ange-la.....
【home】tokyo,Japan

Blog Ground Music

AD-Space

【広告】 観たい席で観たい映画を満喫 e席リザーブ

CATEGORY

  • 音楽(101)
  • 映画(80)
  • 日記(40)
  • Others(24)
  •   bally's Mall
  • RECENT ENTRY & COMMMENT

    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    最近のコメント

    Search(in site)

    RecentTrackBack

    Monthly Archive

    QR-code

    QRコード

    Funk&Soul Music好き、映画好き、仕事チョイ好きサラリーマンの単なる記録
    Funky Sensation
    [------]
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
    [20070129]
    ふらりと映画『ラッキーナンバー7(Lucky Number Slevin)』を観た。

    事前に何も調べることもなく、何となく『マリー・アントワネット』かなぁ・・・・なんて思いながらシネコンに赴いたのだが、豪華キャストのこの映画のPOPを見て、しれっとこちらに決定。

    No7004.jpg
    製作年 : 2006年
    製作国 : アメリカ
    上映時間 : 111分
    配給 : アートポート
    監督 : ポール・マクギガン
    脚本 : ジェイソン・スマイロヴィック
    音楽 : J・ラルフ
    出演 : ジョシュ・ハートネットブルース・ウィリスルーシー・リューモーガン・フリーマン、ベン・キングズレー、スタンリー・トゥッチ
    ==========================
    監督のポール・マクギガン氏は聞いたことがなかったのだが、主演は『ブラックダリア』以降人気急上昇のジョシュ・ハートネットとブルース・ウィルスの競演。脇役陣に、モーガン・フリーマンルーシー・リュー『プラダを着た悪魔』でイイ味出してたスタンリー・トゥッチ等々。

    単に私がTVを見ていなかっただけなのか、実際あまり派手に宣伝していなかったのか・・・・?、何れにしても、かなり強力なキャストにも拘わらず、事前にほとんど宣伝を観た覚えが無い。

    劇場の席について上映がスタートすると、いきなり音楽が超クール!・・・・というか、タランティーノ・チック。

    私が好きなパターンだ!

    ====[シノプシス:goo映画より]========
    空港のロビーで、青年の前に現れた謎の車椅子の男(ブルース・ウィリス)。男は、20年前の幸運のナンバーにまつわる残酷な物語を語り始める。一方、NYのアパートではスレヴン(ジョシュ・ハートネット)とリンジー(ルーシー・リュー)が偶然の出会いを果たす。不運続きのスレヴンは、友人を頼ってNYに来たのだという。ところが友人は姿を消し、スレヴンは敵対するギャング、“ボス(モーガン・フリーマン)”と“ラビ(ベン・キングズレー)”の争いに巻き込まれる。そしてその影には、あの空港の男-凄腕の暗殺者グッドキャットがいるのだった…。
    ================================

    結論。クライシス・サスペンスだと心してみれば結構秀逸な作品と感じることができるのではないだろうか・・・・。

    No7.jpgNo7002.jpgNo7001.jpg


    なんでこんなひっかかるような書き方をしているかというと、私の場合、前日の睡眠が不十分だったのと、ふらりと作品を決定したとういうこともあって、かなりリラックス・モードで鑑賞をスタートしてしまったから。

    そのためか、導入のところの謎めいたブルース・ウィルスの登場は固唾を飲んで観ていたのだが、前半の中盤の運びの辺りで眠りはしないものの何となくボーっとしてしまった(汗

    ふっと我に帰ってからは、緊張感とコメディ的演出が上手に交差して結構引き込まれた。・・・・が如何せん、繋がったような繋がらないような・・・・・「やってしもうた」な感じ。

    後半に入り、緊迫感が更に盛り上がった頃には、完全に入り込み、とても楽しむことができた。
    終盤に謎解きのリプレイ・シーンが盛り込まれていたことにも大分助けられた。どんでん返して、また返すような展開だったが、最初から集中して観ていたら筋書きももっと読めて楽しめたのかもしれないと感じる。

    ルーシー・リューがとても可愛く撮られていた^^

    スタンリー・トゥッチは今回は影薄かったなぁ・・・・な~んて感じもしないでもない。

    それから、ジョシュ・ハートネット好きの女性(と一部の男性!?)には結構美味しい映画かも・・・・・。
    なんたって、前半の殆どの時間彼は、

    「バスタオル一丁ですから!!」(笑

    [trailer]



    スポンサーサイト

    2007-01-29(Mon) 01:38 映画 | トラックバック(0) | コメント(4) | 編集 |
    □  by JJ

    あー観てきたんですね?
    結局この映画、立ち寄るところ、結構満席で諦めてきてたんです。
    サスペンスもの、、たまに結末予想外にあっと言わせてくれる作品に
    ぶち当たりたいものです。
    ジョシュ。。なんか青臭い役っぽいですが、どうなんでしょう?
    ウィリスの存在はあまり薄かったでしょうか?
    インパクト顔だけに、気になります。
    マリーアントワネットは、来月に行きたいです。

    2007-01-29(Mon) 15:40 | URL | #- [ 編集 ]
    □ 先週見てきました。 by みそん

    雑誌の評で脚本が良く練れている、みたいなのが多かったんで期待していたんですが、ちょっと無理があるような気がしました。
    ブルース・ウィルスじゃなくてブルース・ウィリスですよ。

    2007-01-29(Mon) 23:16 | URL | #90LdKUd6 [ 編集 ]
    □ JJさん by bally

     >立ち寄るところ、結構満席で

    なるほど、私が観た時はそれ程でもなかったのですが、知らないのは私だけで世間からは確り注目されていたわけですね(汗

    ジョシュ・ハートネットは、ちゃんと喋ってしまうとネタバレになってしまうのですが、「三」の振りして「二」みたいな、一頃のブラッド・ピットっぽい役回りでしたよ。
    ブルース・ウィルスも存在感タップリにクールでカッコ良かったです。

    2007-01-30(Tue) 10:18 | URL | #SmD5F9mI [ 編集 ]
    □ みそんサン by bally

      >ちょっと無理があるような
    みそんサンはそんな印象でしたか・・・・。

    私も脚本は良いような印象なのですが・・・・、恥ずかしながら、前半自分の事情で前半少々ボーっとしていた時間があって(汗)
    確かに2時間弱の中でエンターテイメント性を追求していくと、無理は出てくるかもしれませんね。

    2007-01-30(Tue) 10:27 | URL | #SmD5F9mI [ 編集 ]

    管理者にだけ表示を許可する
    Top
    http://bally.blog47.fc2.com/tb.php/161-db3a3277
    HOME
    copyright © 2005  “bally”  all rights reserved.

    Template By innerlife02

    RSS1.0 ,
    MUSIC PLAYER


    MusicPlaylist
    Music Playlist at MixPod.com

    FAVORITE SOUNDS

    MY BOOKMARK

    MOVIE BLOGS UPDATE!

    ----------------

    FUNK & SOUL BLOGS UPDATE!

    ------------

    関西トランスレイター

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。