AX
PROFILE

 “bally” 

Author: “bally” 
____WELCOME!____
【sex】male
【birth】mar.1965
【favorite】
music : funk&soul,jazz,jazz-funk,brazil.....
movie : Nuovo Cinema Paradiso,across the univers,ange-la.....
【home】tokyo,Japan

Blog Ground Music

AD-Space

【広告】 観たい席で観たい映画を満喫 e席リザーブ

CATEGORY

  • 音楽(101)
  • 映画(80)
  • 日記(40)
  • Others(24)
  •   bally's Mall
  • RECENT ENTRY & COMMMENT

    10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -

    最近のコメント

    Search(in site)

    RecentTrackBack

    Monthly Archive

    QR-code

    QRコード

    Funk&Soul Music好き、映画好き、仕事チョイ好きサラリーマンの単なる記録
    Funky Sensation
    [------]
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
    [20070225]
    うっ!

    忘れてた、1枚があった。

    20070225155119.jpg
    1月に新春企画として私が小僧時代に聴いていたアナログレコードをリッピングしてみた『Back To Boy's Life Music Review』・・・・・。

    終わらせたつもりでいたのだが、1枚分のデータが棒録り状態でハードディスクに放置されているのを発見。

    この物忘れの酷さには我ながら呆れてしまう。

    もう全く新春ではないが、折角データ化してあったので、もう1枚お付き合い願いたい。

    その1枚というのが、本日の御題『City Rhythm(シティ・リズム)』

    シャカタクが1984年のヒットアルバム『Down On The Street』に続いて、1985年にリリースしたアルバム。

    実家には、『Nightbirds』のアナログアルバムもあったのだが、こちらは今でもCDで売っていたりもするので、よりレア感のある『City Rhythm』を御題とすることに。


    City Rhythm / Shakatak
    ================[視聴:01~09]====width="150" height="70" wmode="transparent">



    01) Day By Day
    02) Once Upon A Time
    03) Secret
    04) Physical Attraction
    05) City Rhythm
    06) I Must Be Dreaming
    07) Africa
    08) Goodbye Mickey Mouse
    09) Vive La Fantasie



    01)“Day By Day”は、声の魔術師Al Jarreau(アル・ジャロウ)をゲストヴォーカルの迎えてのご機嫌なPOPS。中盤のアルのスキットも素敵な感じだ。ベスト版の類にも入っていることも多いシャカタクのPOPS代表曲の1つといえる。

    03)の“Secret”はスローだが空気感が好き。
    別のアルバムのスローで“Watching You”というスローも好きなのだが、Gill Sawardの声が本当に美しい。

    ミディアムに振った04)“Physical Attraction”の後、
    レコードではB面のトップチューンでありアルバムのタイトルチューンとなる05)“City Rhythm
    ~06)“I Must Be Dreaming”の流れは将にご機嫌^^
    当時もドライブしながら気持ちよく聴いたものだ。

    08)“Goodbye Mickey Mouse”では、Gillのコーラスを効果的に取り入れたインストメインの楽曲に仕上げられている。

    そしてラストは、09)“Vive La Fantasie”。Bill Sharpの本領発揮で鍵盤メロが美しいJazzyなインストで締めく繰られている。

    全体にこのアルバムは、『Down On The Street』と比べるとファンク感は少々控えめかもしれないが、Gillのヴォーカルを気持ちよく聴かせてくれるPOP色の強いアルバムとなっているのが特徴だと思う。

    それから、ベースのGeorge Andersonのリズムも光ってると感じた。

    昨年のブルーノート・ライブでも以前と変らないJAZZ-FUNKを楽しませてくれたShakatak。
    4月にはコットン・クラブに来日予定のようだ。



    「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「
    “Running!” 20070130042913.jpg
    キーワードをカーソルで範囲指定すると「Wikipedia」の解説が表示されます。
    スポンサーサイト

    2007-02-25(Sun) 20:30 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | 編集 |

    管理者にだけ表示を許可する
    Top
    http://bally.blog47.fc2.com/tb.php/175-5040ca6e
    HOME
    copyright © 2005  “bally”  all rights reserved.

    Template By innerlife02

    RSS1.0 ,
    MUSIC PLAYER


    MusicPlaylist
    Music Playlist at MixPod.com

    FAVORITE SOUNDS

    MY BOOKMARK

    MOVIE BLOGS UPDATE!

    ----------------

    FUNK & SOUL BLOGS UPDATE!

    ------------

    関西トランスレイター

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。