AX
PROFILE

 “bally” 

Author: “bally” 
____WELCOME!____
【sex】male
【birth】mar.1965
【favorite】
music : funk&soul,jazz,jazz-funk,brazil.....
movie : Nuovo Cinema Paradiso,across the univers,ange-la.....
【home】tokyo,Japan

Blog Ground Music

AD-Space

【広告】 観たい席で観たい映画を満喫 e席リザーブ

CATEGORY

  • 音楽(101)
  • 映画(80)
  • 日記(40)
  • Others(24)
  •   bally's Mall
  • RECENT ENTRY & COMMMENT

    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    最近のコメント

    Search(in site)

    RecentTrackBack

    Monthly Archive

    QR-code

    QRコード

    Funk&Soul Music好き、映画好き、仕事チョイ好きサラリーマンの単なる記録
    Funky Sensation
    [------]
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
    [20070515]
    babel.jpg
    会社帰りの夜遅くに、話題の映画『バベル(BABEL)』を新宿バルト9で鑑賞した。

    事前に上映時刻を調べることなくふら~っと立ち寄ったところ、私が劇場に到着したのは上映の50分前。

    平日の夜だし、1人だし・・・・、まぁまぁ好きな席を選べるだろうなんて思っていたのだが、チケッティングカウンターに行くと、何と残席数は1席のみ!

    あまり良い席とは言えなかったが、ここで見逃すとまたズルズルと先送りになってしまいそうだったので、そのまま鑑賞することに。

    流石はアカデミーを騒がせた話題作といった感じだ。


    監督: アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
    脚本: ギジェルモ・アリアガ
    撮影: ロドリゴ・プリエト
    編集: ダグラス・クライズ、スティーヴン・ミリオン
    音楽: グスターボ・サンタオラヤ
    出演: ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ガエル・ガルシア・ベルナル、役所広司 、菊地凛子 二階堂智 、アドリアナ・バラーザ、エル・ファニング、ネイサン・ギャンブル、ブブケ・アイト・エル・カイド、サイード・タルカーニ、ムスタファ・ラシディ 、アブデルカデール・バラ

    ====[シノプシス:goo映画より]====
    壊れかけた夫婦の絆を取り戻すために旅をしているアメリカ人夫婦のリチャードとスーザン。バスで山道を走行中、どこからか放たれた銃弾が、スーザンの肩を撃ち抜く。なんとか医者のいる村までたどり着くが、応急処置がやっと。彼は英語がなかなか通じない村の住人たち、対応が遅いアメリカ政府に苛立ちを露わにするが…。同じころ、東京に住む聴覚に障害を持った女子高生のチエコは、満たされない日々にいら立ちを感じていた…。
    ===========================


    見終わって・・・・、とても不思議な感覚になる映画だった。

    分かりやすく感想を述べるのがとても難しい作品。


    モロッコ、メキシコ、アメリカ、日本で平行して進む夫々のストーリーは、残念ながら私の感性では『クラッシュ』の時のようにスッキリとは重なってこなかった。

    しかし、だから悪いかとういうとそういうことでもなく、支離滅裂に訳がわからない状況でもない。

    ただ映画を見終わった後の余韻というかなんというか、当然多くの人の感想にあるように「面白かった!」というものではないし、重苦しい空気が残るという感じでもなかった。

    一つ一つのストーリーの結末は「良かった」といっても良いものなのに、見ているほうとしては「良かったぁ」と肩を撫で下ろせるような感覚になれるものでもない。


    ・・・・ではなく、・・・・でもない。


    ~ばかりが続いたが、「じゃ、どうたったんだ!?」を表現する適切な言葉がわからない。


    「悪くない、どちらかというと良い映画だった感じ・・・・」

    多分、身振りや手振りを交えてもそんな風にしか感想を語れなそうな映画。


    ただ、観終わった後、夜中の新宿の街にでると不思議と人や街をいつもよりも観察するように見回しながらゆっくりと歩いていた。

    酔ってる人々、カップル、澄まして1人歩く人、大勢で戯れながら楽しそうにあるく若者・・・・、いつもの新宿と同じはずなのだが、「色々な人がいるのだなぁ・・・・。この人たちも違う場所、違う時間には別の顔をしているのだろうなぁ」なんて当たり前のことをあらためて獏と思いながら家路に真っ直ぐ向かうのではなく、街というか人というか、社会と呼べるものなのかは分からないが見回しながら暫く歩いていた。

    バベルは私をそんな気持ちにさせる不思議な力をもった映画だった。


    それから・・・・・、

    この映画の中では、ブラッド・ピットやケイト・ブランシェットは流石の演技で映画と見事に一体化していて、観ているときは、ブラピともケイトとも感じさせることはない。

    でも、やはり菊池凛子さんが光っていたと思う。

    また、誰の役とも思い出せない脇役の人々も全体感づくりのパートとしてなくてはならなかった存在だったのだろうと後になってあらためて思った。



    スポンサーサイト

    2007-05-15(Tue) 13:00 映画 | トラックバック(1) | コメント(2) | 編集 |
    □ バベル by debtech

    ballyさん、こんにちは。
    ワタシもバベルを観ました。
    たしかに面白い、面白くないと言う表現ではおさまらない内容かと思います。出演者全員が悲壮感漂う表情だったからかも知れませんね。
    個人的に印象に残ったのはラストシーンですね。モロッコの少年達の無邪気な表情が忘れられません。

    ブラピが「シリアナ」のジョージ・クルーニーにみえました。

    2007-05-16(Wed) 04:54 | URL | #- [ 編集 ]
    □ debtechさん by bally

    後からジワジワくる映画でもあるような気がします。

     >ブラピが「シリアナ」のジョージ・クルーニーにみえました。

    同感。
    目元の疲れた感というか悲壮感とか・・・・僕もそう思いました。
    映画は「シリアナ」ほど難解ではなかったですけど・・・・。

    2007-05-16(Wed) 13:28 | URL | #SmD5F9mI [ 編集 ]

    管理者にだけ表示を許可する
    Top
    http://bally.blog47.fc2.com/tb.php/193-0c78ec71

    バベル BABEL2006年   アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ 監督・制作・原案ブラッド・ピット ケイト・ブランシェット ガエル・ガルシア・ベルナル 役所広司 菊池凛子 アドリアナ・バラッザ エル・ファニング 二階堂智 モハメッド・アクザム公式HP...
    2007-05-16(Wed) 12:41 | 猫姫じゃ 
    HOME
    copyright © 2005  “bally”  all rights reserved.

    Template By innerlife02

    RSS1.0 ,
    MUSIC PLAYER


    MusicPlaylist
    Music Playlist at MixPod.com

    FAVORITE SOUNDS

    MY BOOKMARK

    MOVIE BLOGS UPDATE!

    ----------------

    FUNK & SOUL BLOGS UPDATE!

    ------------

    関西トランスレイター

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。