AX
PROFILE

 “bally” 

Author: “bally” 
____WELCOME!____
【sex】male
【birth】mar.1965
【favorite】
music : funk&soul,jazz,jazz-funk,brazil.....
movie : Nuovo Cinema Paradiso,across the univers,ange-la.....
【home】tokyo,Japan

Blog Ground Music

AD-Space

【広告】 観たい席で観たい映画を満喫 e席リザーブ

CATEGORY

  • 音楽(101)
  • 映画(80)
  • 日記(40)
  • Others(24)
  •   bally's Mall
  • RECENT ENTRY & COMMMENT

    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    最近のコメント

    Search(in site)

    RecentTrackBack

    Monthly Archive

    QR-code

    QRコード

    Funk&Soul Music好き、映画好き、仕事チョイ好きサラリーマンの単なる記録
    Funky Sensation
    [------]
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
    [20070819]
    TheFlockpos.jpg
    映画『消えた天使/The Flock』を観た。

    実はその前週にあまり大きな期待をせずに偶々時間の都合が良かった『オーシャンズ13』のフラリ鑑賞もしたのだが、やはりというか予想通りというか「~12」同様にキャスティングで息切れしてしまったかの如く、内容は間延び間アリアリで不覚にも中盤で落ちてしまった(><)ので本エントリーは遠慮させていただいた。

    20070819231048.jpg
    ・・・・で、
    今回の『消えた天使』も実はまたもやフラリと入ったパターンだった。

    劇場は「シネマート六本木」。

    私は、この劇場の存在を今回初めて知ったのだが、80年代の若かりし小僧サラリーマン時代にシパンゴ、エリア、ロリポップ等、上から下まで踊り場尽くめだった六本木の日拓ビルが今は上から下までスクリーンになっていた。
    聞いたところでは1年ほど前からプチ・シネコンとなったようだ。

    本題に戻って、『消えた天使』。

    「インファイナルアフェア」のアンドリュー・ラウのハリウッド進出第一弾&リチャード・ギア主演というわりには、意外とシレっといつの間にか公開されていた印象・・・・。

    TheFlock002.jpg
    話題の歌姫アヴリル・ラヴィーンの映画初出演(ホントにチョイ役だが・・・・)というトピックスもあったわけだが公開が地味ぃな感じなのはやっぱり性犯罪というテーマが重かったせいだろうか・・・・。

    しかし、私的にはとても良く創られた映画だと感じた。

    監督: アンドリュー・ラウ
    製作: アンドリュー・ラウ、フィリップ・マルチネス 他
    脚本: ハンス・バウアー、クレイグ・ミッチェル
    出演: リチャード・ギアクレア・デインズアヴリル・ラヴィーン、ケイディー・ストリックランド、レイ・ワイズ、ラッセル・サムズ、マット・シュルツ、クリスティーナ・シスコ、ドウェイン・バーンズ、エド・アッカーマン 他

    =====[シノプシス:goo映画より]=====
    長年性犯罪登録者の観察を続けてきた公共安全局のバベッジは、退任まであとわずかとなっていた。そんな彼の元に後任のアリスンがやってくる。バベッジはアリスンを連れ、実地訓練とばかりに担当登録者の元を訪れる。強姦を犯したエドモンド、夫がバラバラ殺人を犯し自らも3件の罪に問われたビオラらの家を回り、さらに車で移動する中、2人の元に誘拐事件の報が入る。バベッジはその犯人が登録者の中にいると確信し…。
    =====================

    TheFlock001.jpg
    確かにテーマは重く、とてもど派手にエンターテイメントとして宣伝するには気が引けてしまう作品かもしれない。

    犯罪の猟奇的側面ばかりに気をとられていると単なるサイコ・サスペンスで終わってしまうのが、内容的には人間の内部にあるプラスとマイナスの共存のような部分を秀逸に描き出し、多くの人がそこに陥ってしまう危険性を孕んでいるのだろう感じた。

    この辺りのフォーカスは昨年の「クラッシュ」の時にも感じたことだが、作品としての創り方は全く違っていて、アンドリュー・ラウらしく始終激しく、目まぐるしく展開させるので鑑賞中は上記のような深い部分を考える余裕はない(笑

    このテーマ、この展開に今回久々に観たリチャード・ギアは実に嵌り役だったと感じる。彼の得意な少々一本調子な演技のお陰で激しい展開と猟奇的テーマの側面のバランスが上手に保たれていることで、陰湿になりすぎず、煩くもなり過ぎず、アンドリュー・ラウの持ち味が活きた作品となっていたように感じる。

    助演のクレア・デインズもとても良かったと思う。


    スポンサーサイト

    2007-08-19(Sun) 22:55 映画 | トラックバック(0) | コメント(2) | 編集 |
    □ ひっそりでしたね by みそん

    僕も見ました。
    アブリルはちょっとしか出ていませんでしたね。違った形で終わりのほうに出ていましたけど。
    米国ではまだ公開されていないんでしたっけ? この監督の「インファナル~」はお気に入りなので、ぜひ向こうでも成功してもらいたいものです。

    2007-08-25(Sat) 12:11 | URL | #90LdKUd6 [ 編集 ]
    □ みそんサン、こんにちは by bally

    米国未公開だったんですか!?
    知りませんでした。
    確かに私自身劇場で出くわすまでは知りませんでしたから、日本でも仰るようにひっそりですね。
    アカデミー・オスカーの原版監督なわけですから、もっと注目されても良さそうな作品ですけどね。
    個人的にはスコセッシ監督のより良かったと思います。

    2007-08-26(Sun) 03:13 | URL | #SmD5F9mI [ 編集 ]

    管理者にだけ表示を許可する
    Top
    http://bally.blog47.fc2.com/tb.php/204-f4164ba2
    HOME
    copyright © 2005  “bally”  all rights reserved.

    Template By innerlife02

    RSS1.0 ,
    MUSIC PLAYER


    MusicPlaylist
    Music Playlist at MixPod.com

    FAVORITE SOUNDS

    MY BOOKMARK

    MOVIE BLOGS UPDATE!

    ----------------

    FUNK & SOUL BLOGS UPDATE!

    ------------

    関西トランスレイター

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。