AX
PROFILE

 “bally” 

Author: “bally” 
____WELCOME!____
【sex】male
【birth】mar.1965
【favorite】
music : funk&soul,jazz,jazz-funk,brazil.....
movie : Nuovo Cinema Paradiso,across the univers,ange-la.....
【home】tokyo,Japan

Blog Ground Music

AD-Space

【広告】 観たい席で観たい映画を満喫 e席リザーブ

CATEGORY

  • 音楽(101)
  • 映画(80)
  • 日記(40)
  • Others(24)
  •   bally's Mall
  • RECENT ENTRY & COMMMENT

    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    最近のコメント

    Search(in site)

    RecentTrackBack

    Monthly Archive

    QR-code

    QRコード

    Funk&Soul Music好き、映画好き、仕事チョイ好きサラリーマンの単なる記録
    Funky Sensation
    [------]
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
    [20070914]
    先日、仕事帰りに新宿武蔵野館のレイトで「グラインドハウス」シリーズ第一弾のタランティイーノのプロデュース・脚本・監督による映画「デス・プルーフinグラインドハウス」をフラリと観た。

    c963e8f7_640.jpg
    監督・製作・脚本・撮影:クエンティン・タランティーノ
    出演:カート・ラッセル、 ゾーイ・ベル 、ロザリオ・ドーソン 、ヴァネッサ・フェルリト 、シドニー・タミーア・ポワチエ

    のっけから、色んな意味で「いやぁ、タランティーノやねぇ」と、好きな私としては嬉しくなってしまった。



    ====[シノプシス:goo映画より]====
    テキサスの田舎町。人気DJのジャングル・ジュリアは女友達と共にお気に入りのバーにくり出した。しかし、そこに不気味なシボレーを乗り回す男、スタントマン・マイクがやってくる。ジュリアたちはバーで会話をするうちに、彼への警戒心を緩めていくが…。その14ヶ月後、テネシーのとある町。映画撮影に携わっているキム、ゾーイたちは撮影の合間をぬって車の試乗をすることに。しかしそんな彼女たちにマイクが目をつけ…。
    =====================


    ・・・・ということだが、この映画に関してはストーリーではなく、タランティーノ感を楽しむことをお勧めしたい。

    実際のところでいうと「パルプフィクション」後に「これは名作!」と世間から評価される作品は出ていないと思うが、ジャッキー・ブラウンの時もキル・ビルの時も音楽とかB級演出とかの世界観に嵌ってしまって、大したストーリーではないのに何故か「面白かった」って思っってまう。

    328314view005.jpg
    フィルムに傷がついてしまった風の画像ノイズ、時折飛んでしまう音、フィルムが古くてあせてしまったかのような色・・・・・、今回もドップリ期待通りのタランティーノ・ワールドに満足して劇場を後にした。

    もはや、あの世界観が好きな私のような人間にとっては寅さんみたいなものなのか(笑

    ラストに"The End"とスーパーが出た瞬間は、


      (・・・・・・、)


      (え!?)


      (これで終わり!?)


      (・・・・・、(-_-;)


      (ハッハー(^^!)


      (やっぱり、タランティーノ! あっぱれだぜ!)


    ~って気になって一人で噴出してしまった。

    この映画、恐らくタランティーノ氏本人が一番楽しんだんだろうな、と思わずにはいられない。


    それでも、商売になっちゃうところがアイデンテティであり、ある種のブランドなのだろうなぁ・・・・・。


    映画好きの人と話をすると、私のような感覚で彼の映画を楽しむ人が結構いる。

    大金かけた話題の大作で大当たり!という代物ではないが、ある程度のマーケットサイズと歩留まりは見えてるわけで・・・・、きっと。


    クリエイターなのか商売人なのか・・・・・・


    いずれにしても、こういうポジション&スタンスで仕事できるっていうのは羨ましい。


    予告編を見る限りではこちらも凄いことになってそーな第二段、ロバート・ロドリゲスによる「プラネット・テラー」とのグラインドハウス対決は如何に?





    スポンサーサイト

    2007-09-14(Fri) 01:34 映画 | トラックバック(0) | コメント(2) | 編集 |
    □ 2本立て by みそん

    僕は六本木ヒルズで「プラネット・テラー」との2本立てバージョンを見ました。
    架空の予告編も楽しみだったからです。この時は「プラネット」のほうが面白く感じました。「デス」は女性グループの延々と続く会話シーンがしばしば退屈に感じられました。
    ところが後に長くなっている単品バージョンを見たところ、まったく退屈でなく、逆の印象を覚えました。
    最初にTHE ENDの文字が出た時は(なんだよこれ)と一人つぶやいて大笑いしました。
    「プラネット」の単品も見に行くつもりです。

    2007-09-22(Sat) 06:17 | URL | #90LdKUd6 [ 編集 ]
    □ みそんサン、こんにちは by bally

    2本立てバージョンなんてやってたのですね!!
    知りませんでした!

     >最初にTHE ENDの文字が出た時は(なんだよこれ)と一人つぶやいて大笑いしました。

    やっぱり、そーですよね。

    でも、そんなお茶目具合もタランティーノの好きなところです。

    2007-09-23(Sun) 13:48 | URL | #SmD5F9mI [ 編集 ]

    管理者にだけ表示を許可する
    Top
    http://bally.blog47.fc2.com/tb.php/206-ef3933c6
    HOME
    copyright © 2005  “bally”  all rights reserved.

    Template By innerlife02

    RSS1.0 ,
    MUSIC PLAYER


    MusicPlaylist
    Music Playlist at MixPod.com

    FAVORITE SOUNDS

    MY BOOKMARK

    MOVIE BLOGS UPDATE!

    ----------------

    FUNK & SOUL BLOGS UPDATE!

    ------------

    関西トランスレイター

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。