AX
PROFILE

 “bally” 

Author: “bally” 
____WELCOME!____
【sex】male
【birth】mar.1965
【favorite】
music : funk&soul,jazz,jazz-funk,brazil.....
movie : Nuovo Cinema Paradiso,across the univers,ange-la.....
【home】tokyo,Japan

Blog Ground Music

AD-Space

【広告】 観たい席で観たい映画を満喫 e席リザーブ

CATEGORY

  • 音楽(101)
  • 映画(80)
  • 日記(40)
  • Others(24)
  •   bally's Mall
  • RECENT ENTRY & COMMMENT

    06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -

    最近のコメント

    Search(in site)

    RecentTrackBack

    Monthly Archive

    QR-code

    QRコード

    Funk&Soul Music好き、映画好き、仕事チョイ好きサラリーマンの単なる記録
    Funky Sensation
    [------]
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
    [20070916]
    金曜のこととなるが、ブラッド・ピット製作×アンジェリーナ・ジョリー主演で話題必至の映画『マイティ・ハート -愛と絆-』の試写を観た。

    今回は配給社UIPの試写室ということもあり、見覚えのある映画評論家の方のお顔も・・・・・。
    周知のニュースとなるが、UIPジャパンは年内いっぱいで解散となる。
    古くは、「JAWS/ジョーズ」、「E.T.」、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」「レインマン」「ジュラシック・パーク」等最近では「ドリーム・ガールズ」、「不都合な真実」、「トランスフォーマー」等で洋画マーケットを席巻してきたUIPだが、この『マイティ・ハート』はそんな同社の最後の配給作品となる。

    本題に戻って、この『マイティ・ハート -愛と絆-』は、2002年にパキスタンでの取材中にテロリストに誘拐された記者の真相を彼の妻が綴った「マイティハート 新聞記者ダニエル・パールの勇気ある生と死」に注目したブラッド・ピットが権利を取得し、今回の映画化へと至った。

    20070916025730.jpg

    原作:マリアンヌ・パール
    製作:ブラッド・ピットデデ・ガードナー、アンドリュー・イーストン
    監督:マイケル・ウィンターボトム
    脚本:ジョン・オーロフ
    出演:アンジェリーナ・ジョリーダン・ファターマン、アーチー・パンジャビ、イルファン・カーン、ウィル・パットン、デニス・オハラ 他

    ====[シノプシス]====
    夫婦共にジャーナリストとして活動するダニエル・パールと妻のマリアンヌは、9・11後アジア各国を取材に訪れ、パキスタンのカラチという土地に辿り着いた。目的は人道主義者ジラニ師へのインタビュー。
    妊娠中の妻マリアンヌはパキスタン最後の仕事となる予定の取材に夫ダニエルを送り出し、彼の帰りを待つが、予定の時間を過ぎても翌日となってもダニエルは戻らない。
    行方不明の真相を探り、彼の救助をする為、領事館外交保安担当、テロ対策組織CIDのリーダー、ダニエルが所属するウォールストリート・ジャーナルの仲間やFBI捜査官が集まり、関係各所の総力をあげた捜査が開始された。
    妻マリアンヌ自身も捜査の輪に加わり、メディアへの出演もしながら彼の無事を信じて祈り続ける中、次第に情報が集まり、真相が徐々に解明されていく。
    ==============



    9.11以降、テロリストをテーマに含んだ作品がとても多くなってきている。
    今回のこの作品もそういった中の一つではあると思うのだが、国家の野望やテロリズムの卑劣さではなく、その被害者の妻が愛する夫に無事を祈る視点で映画全体が構成されている分、遠く離れた日本で平和に暮らしている私にもその苦しさがこれまでのものよりリアルに届いてくると感じた。

    しかしながらこの映画、ノンフィクションではあるのだが、脚本・監督の妙により言葉としては不謹慎だがサスペンス・ドラマとしてもストリーの中に引き込まれてしまうようにできている。

    刻々と変化する状況に中で、緊張はどんどん高まっていく。
    動揺しながらも夫の無事の為に毅然と振舞う妻マリアンヌを見ていると、自分は到底こんな立派な人間ではいられないだろうなと感じさせられる。

    mightyheart001

    このマリアンヌの人間像もさることながら、今回は原作者でもある彼女を演じるアンジーの演技がとにかく素晴らしいと思った。

    これまでの華麗さや妖艶さは無い。

    でも、とにかく凄い。

    妻として夫ダニエルの不安に脅える女としては勿論、ジャーナリストとして或いはその妻として毅然と「振舞う」マリアンヌの微妙な心までをリアルに表現し、観ている人がのめり込まずにはいられない状況を作り出していたと思う。


    今までの彼女には見られなかった大きな魅力を一つ、この作品を通して世に披露したのではないだろうか。

    劇場公開は、11月23日。
    UIP最後の配給とうことは別にして、是非もう一度鑑賞したいと思った。



    オフィシャルサイトは、⇒コチラ(Click!)





    スポンサーサイト

    2007-09-16(Sun) 15:28 映画 | トラックバック(1) | コメント(2) | 編集 |
    □ お久しぶりデス! by JJ

    ballyさん、ご無沙汰してました。
    ジョリーふぁんの私は、この映画、観たいです!
    ジョリーさん、最近、急激に痩せちゃって、心配ですが、この映画も、
    かなり、また、演技に力が入っていそうですね。

    彼女は、いつも、タフな役が多いだけに、魔物的なパワーをもっている役者と思ってます。
    ここでの役柄も、彼女ならでは!?という感じですね?

    2007-09-17(Mon) 05:58 | URL | #- [ 編集 ]
    □ JJさん、こんにちは by bally

    お久しぶりです^^

    今回のアンジーはホントに良かったですよ。
    タフといえばタフ極まりない役どころですが、「トゥームレイダー」の時のそれとは全く違っています。

    多分、各種アワードの候補に名を連ねてくるのではないでしょうかねぇ・・・・。

    2007-09-17(Mon) 09:47 | URL | #SmD5F9mI [ 編集 ]

    管理者にだけ表示を許可する
    Top
    http://bally.blog47.fc2.com/tb.php/207-75658bbf
    □ -

    管理人の承認後に表示されます
    2007-09-17(Mon) 14:09 |  
    HOME
    copyright © 2005  “bally”  all rights reserved.

    Template By innerlife02

    RSS1.0 ,
    MUSIC PLAYER


    MusicPlaylist
    Music Playlist at MixPod.com

    FAVORITE SOUNDS

    MY BOOKMARK

    MOVIE BLOGS UPDATE!

    ----------------

    FUNK & SOUL BLOGS UPDATE!

    ------------

    関西トランスレイター

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。