AX
PROFILE

 “bally” 

Author: “bally” 
____WELCOME!____
【sex】male
【birth】mar.1965
【favorite】
music : funk&soul,jazz,jazz-funk,brazil.....
movie : Nuovo Cinema Paradiso,across the univers,ange-la.....
【home】tokyo,Japan

Blog Ground Music

AD-Space

【広告】 観たい席で観たい映画を満喫 e席リザーブ

CATEGORY

  • 音楽(101)
  • 映画(80)
  • 日記(40)
  • Others(24)
  •   bally's Mall
  • RECENT ENTRY & COMMMENT

    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    最近のコメント

    Search(in site)

    RecentTrackBack

    Monthly Archive

    QR-code

    QRコード

    Funk&Soul Music好き、映画好き、仕事チョイ好きサラリーマンの単なる記録
    Funky Sensation
    [------]
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
    [20080224]

    今日は久々にアルバム・レビュー。

    お題は、50thグラミー・ベストR&BアルバムとなったChaka Khanの『Funk This

    流石の一言に尽きる。

    恐らく打ち込みは最小限に留められ、バンド録音が多用されているのだろう。とにかく骨太な音に痺れまくってしまう。
    width="150" height="70" wmode="transparent">

    Funk This / Chaka Khan

    01. Back In The Day
    02. Foolish Fool
    03. One For All Time
    04. Angel (Album Version)

    05. Will You Love Me?
    06. Castles Made Of Sand
    07. Disrespectful (featuring Mary J Blige)
    08. Sign 'O' The Times
    09. Pack'd My Bags/You Got The Love (featuring Tony Maiden)
    10. Ladies' Man
    11. You Belong To Me (Featuring Michael McDonald)
    12. Hail To The Wrong
    13. Super Life
    14. Once You Get Started (featuring Tony Maiden)
    15. Shining Star




    「参りました!」
    「やられました!」

    私的には、そんな言葉もと共に只々聴き惚れてしまうのみの1枚。

    やはり格が違う、という感じ。
    新曲とカヴァー曲約半々からなるこのアルバムだが、チャカ・カーン程に歌が上手となると、もはや新曲だろうが、他人のカヴァーだろうが、セルフカヴァーだろうが今この瞬間の彼女自身のものにしてしまう。 久々に彼女のソウルアルバムを聴いて感激してしまっての私の贔屓目もあろうかとも思うが、そんな感激の境地に私を追い込んでしまう存在であることも含めて、そんな風に感じずにはいられない。

    私的お気に入り曲は、
    Rufus仲間のTony Maidenとの共作による新曲の〝01〟
    Mary J Bligeとのコラボレーションによるソウルフルなナンバー〝07〟
    ・セルファカヴァー曲メドレーとなっている〝09〟。 余談ではあるが“Pack'd My Bags”は、Jody Watleyの私の好きなアルバム「Flower」にある“Lovin' You So”という曲でもサンプリングされていた。
    ・ジャズっぽさとソウルっぽさのミックスがイイ感じの〝10〟
    Michael McDonaldとのデュオの〝11〟
    ・新曲のファンクナンバーの〝13〟
    それから、
    Princeのカヴァー〝08〟は意外な感じもしたが懐かしい感じでもある。
    そして、
    あまりにも偉大な2曲のカヴァー(セルフカヴァー〝14〟の新録版とEW&Fのカヴァー〝15〟)
    が日本版のボーナストラックとして収録されているのが、とても嬉しい。

    なんて感じで、お気に入りが絞り込めずにいるくらい全体が素晴らしいアルバム。

    「素晴らしい!」


    (こちらはRufus時代、恐らく70年代半ばの“Once You Get Started”:チャカ・カーンが細い!)



    スポンサーサイト

    2008-02-24(Sun) 21:46 音楽 | トラックバック(0) | コメント(2) | 編集 |
    □  by ちゃぴ

    1つ目の動画、80年代の懐かしいメロディーを感じさせる曲ですね♪
    2つ目の動画、ホントに細い^^;
    プリンスのカヴァー曲(I Feel For You ですよね?)した頃から
    チャカ・カーンを知ったので、とてもファンキーな体格のいいオバちゃん
    のイメージでしたが、声量には、あっとうされるものがありました。


    2008-02-25(Mon) 12:49 | URL | #- [ 編集 ]
    □ ちゃぴサン by bally

    >声量には、あっとうされるものがありました。

    ホントにこの人は何を歌って彼女ならではの声量で完全に自分のものにしてしまいますよね。

    〝07〟〝13〟〝14〟〝15〟なんかでその辺りも健在ぶりも堪能できて嬉しい限りなアルバムです。

    2008-02-25(Mon) 15:53 | URL | #SmD5F9mI [ 編集 ]

    管理者にだけ表示を許可する
    Top
    http://bally.blog47.fc2.com/tb.php/237-f19bcc18
    HOME
    copyright © 2005  “bally”  all rights reserved.

    Template By innerlife02

    RSS1.0 ,
    MUSIC PLAYER


    MusicPlaylist
    Music Playlist at MixPod.com

    FAVORITE SOUNDS

    MY BOOKMARK

    MOVIE BLOGS UPDATE!

    ----------------

    FUNK & SOUL BLOGS UPDATE!

    ------------

    関西トランスレイター

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。