AX
PROFILE

 “bally” 

Author: “bally” 
____WELCOME!____
【sex】male
【birth】mar.1965
【favorite】
music : funk&soul,jazz,jazz-funk,brazil.....
movie : Nuovo Cinema Paradiso,across the univers,ange-la.....
【home】tokyo,Japan

Blog Ground Music

AD-Space

【広告】 観たい席で観たい映画を満喫 e席リザーブ

CATEGORY

  • 音楽(101)
  • 映画(80)
  • 日記(40)
  • Others(24)
  •   bally's Mall
  • RECENT ENTRY & COMMMENT

    06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -

    最近のコメント

    Search(in site)

    RecentTrackBack

    Monthly Archive

    QR-code

    QRコード

    Funk&Soul Music好き、映画好き、仕事チョイ好きサラリーマンの単なる記録
    Funky Sensation
    [------]
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
    [20060329]
    映画「リトル・イタリーの恋」を鑑賞した。
    元々、ラヴコメとか純愛モノみたいなのを好んで観る方ではなかったのだが、ここのところ気になっていた女優"アメリア・ワーナー"が、
    20060329163110.jpg   20060329170517.jpg
    こんな写真になってるチラシを発見してしまった関係で思わず特鑑券お買上げ!となった(笑)。手にしたチラシによると「きみに読む物語」の脚本家ジャン・サルディ氏の監督デヴュー作とのこと。

    シャンテシネ向かいながら(やはり、この手の映画はカップルばかりなんだろうなぁ?これ一人鑑賞してる男って奇妙?)などと心配しつつ劇場に着くと「!?」、男性の女性も意外と一人鑑賞組が多い。~ってなわけで少々ほっ・・・としつつ映画がスタートした。



    *****ストーリー*****
    舞台は1950年代、オーストラリアのリトル・イタリー。遠距離の見合い求婚が写真と手紙で行われていた時代。
    何度求婚の手紙と写真を出しても断られ続けているリトル・イタリーに住む青年アンジェロは、最後のチャンスと意を決して南イタリアの少女ロゼッタに自分より格好良い弟の写真を同封して求婚の手紙を送る。
    20060329170625.jpg
    プロポーズにOKの返事を出したロゼッタは、写真の美男子との結婚生活を夢を膨らませて海を渡り、オーストラリアへ辿り着くが、彼女を迎えたのは・・・・写真とは全く別人の冴えない男だった。夢を砕かれながら諦めきれない少女、罪悪感に詰まれ混乱する兄、兄の幸の為に実は少女に惹かれている自分を否定する弟。3人の複雑な生活がスタートする・・・・。



    直球でインプレしていくと、「アメリア・ワーナーは、期待した以上に可愛くて、素敵!」という映画だった。
    amelia_warner_lovesbroter0020.jpg  amelia_warner_lovesbroter0010.jpg  20060329170505.jpg

    まぁ、今回の鑑賞初期モチベーションから言うと、私にとってはこれで充分合格点なのだが、取り上げた題材がユニークで面白かったので、ちょっとアッサリし過ぎていてもったいなかったな・・・・、という感想ももった。生意気な意見を勝手に言わせてもらうとコメディの側面がもう少々押し出されているとメリハリ効いたのかな・・・・とも思うが、この場合、私を含め数人劇場内に居た恐らくアメリア目当ての単独来館オヤジ層の満足度は違うベクトルに向いたかもしれない。
    しかし、総じて登場人物各々の暖かな気持ちを感じられ、映像も綺麗で好感がもてる作品であったと感じる。
    ストーリー展開以前に、まず、モノクロ写真一枚と手紙だけで会ったことは勿論、声も聞いたことが無い相手にプロポーズたり、それを受けて相手に会う前に宣誓を済ませて異国に嫁いだりするカルチャーに同情してしまう。
    でも、ということは一部からは「やっぱ、見た目じゃん!!」の指摘もありそうだが、そう思わせないところは構成の妙なのかキャスティングの妙なのか・・・・。

    ■作品オフィシャル・サイト■



    スポンサーサイト

    2006-03-29(Wed) 23:42 映画 | トラックバック(2) | コメント(3) | 編集 |
    □ 訪問ありがとうございました by yanks

    僕と似ている映画の見方をされていて、思わずニヤリとしました。
    それにしてもアメリア・ワーナーに毒されそうな予感がします。
    はやく次回作品見たくなりました。

    2006-03-31(Fri) 07:35 | URL | #mQop/nM. [ 編集 ]
    □ 映画だいすき~^^ by チョピン

    ワタシも映画大好きです^^
    ちょっと前にこの記事かきました。
    Funky Sensationってイイカンジですね^^
    ワタシのブログにリンク貼らせてもらいました(*^▽^*)
    ご都合が悪ければ【管理者だけ】からコメントくださいね(´・ω・`)
    またチョクチョクきますね。マタネー (‥ )ノ |EXIT|

    2006-04-02(Sun) 13:03 | URL | #yXcvZN/o [ 編集 ]
    □ チョピンさん、こんにちわ by bally

    コメントありがとうございます。
     |Funky Sensationってイイカンジですね^^
    涙出そうに嬉しいコメントをありがとうございます。
    リンクの件、光栄です!こちらこそよろしくお願いします!
    これから早速、チョビンさんのサイトにお邪魔しまーす!

    2006-04-02(Sun) 14:33 | URL | #SmD5F9mI [ 編集 ]

    管理者にだけ表示を許可する
    Top
    http://bally.blog47.fc2.com/tb.php/38-3863c304

    3月25日に公開された「リトル・イタリーの恋」の情報を。世界的ヒット作「きみに読む物語」「シャイン」の脚本を手がけてきた、ジャン・サルディの監督デビュー作。出演:アメリア・ワーナー(ロゼッタ役)、ジョヴァンニ・リビシ(アンジェロ・ドニーニ役)、アダム・ガル
    2006-03-30(Thu) 19:53 | Mugen Diary 

    このお話は、オーストラリアにある町"リトリ・イタリー"で起こるロマンス・コメディものですが、時代は、 ソフィア・ローレン『島の女』が上映されている頃。
    HOME
    copyright © 2005  “bally”  all rights reserved.

    Template By innerlife02

    RSS1.0 ,
    MUSIC PLAYER


    MusicPlaylist
    Music Playlist at MixPod.com

    FAVORITE SOUNDS

    MY BOOKMARK

    MOVIE BLOGS UPDATE!

    ----------------

    FUNK & SOUL BLOGS UPDATE!

    ------------

    関西トランスレイター

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。