AX
PROFILE

 “bally” 

Author: “bally” 
____WELCOME!____
【sex】male
【birth】mar.1965
【favorite】
music : funk&soul,jazz,jazz-funk,brazil.....
movie : Nuovo Cinema Paradiso,across the univers,ange-la.....
【home】tokyo,Japan

Blog Ground Music

AD-Space

【広告】 観たい席で観たい映画を満喫 e席リザーブ

CATEGORY

  • 音楽(101)
  • 映画(80)
  • 日記(40)
  • Others(24)
  •   bally's Mall
  • RECENT ENTRY & COMMMENT

    10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -

    最近のコメント

    Search(in site)

    RecentTrackBack

    Monthly Archive

    QR-code

    QRコード

    Funk&Soul Music好き、映画好き、仕事チョイ好きサラリーマンの単なる記録
    Funky Sensation
    [------]
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
    [20060411]
    映画「プロデューサーズ / The Producers」を新宿で鑑賞した。
    ミュージカル映画って、大抵の場合は公開前にそこそこの、又はそれ以上の話題になる。ミュージカルという素材がエンターテイメントの王道として認識されている米国配給側のプロモーションに対する力の入れ方が大きいのだろう。配給側のプロモーション・バジェットの恩恵で日本の宣伝露出量も必然的に大きくなるということだと思う。

    私もそんなプロモーションの影響を受けて、ミュージカル映画公開の情報を知ると、大抵は「観たい」と感じる。
    ん・・・・?観たい?観てみたい?いや、寧ろ「観ておこうかな」という感覚が正直なところだったかもしれない。
    しかし、実際封切のタイミングになると、思うように時間が作れない中、他に観たい作品が沢山現れてしまい、結果的に「シカゴ」「オペラ座の怪人」も私の場合は観ていない。
    恐らくミュージカルそのものににあるであろう楽しさを理解できていない点が大きいのだろう。

    そんな中、この「プロデューサーズ」は、昨年ミュージカル自体が日本公演を行った際に、「シカゴ」も「オペラ座~」を大幅に上回るアワードの受賞やオリジナル性の高い作品に対する評価の高い評判を記憶していたので、(今度こそ!)と考えていた作品だ。
    劇場に入場すると、月曜ということもあり18:30~の上映でも中はガラガラに空いていた。

    ストーリー展開はシンプルで判りやすい。
    舞台は1959年のNYブロードウェイ。かつては大物ミュージカルプロデューサーとして名を馳せたが今ではスッカリ落ちぶれてしまったマックス・ビアリストックは、最新の作品をまたもやコケさせてしまう。その帳簿のチェックの為、彼の事務所を訪れた雇われ会計士のレオ・ブルームが、帳簿を見てポツリと呟いた一言:「ショーがコケると利益が出る」にマックスは俄然喰いつく。マックスはレオに“絶対にコケるショー”を作って一儲けしようと持ちかける。良心が咎めるレオは一度はその申し出を断るが、かつてはプロデューサーを夢見ながら、“雇われ”として過ごす惨めな日々に別れを告げるべく、マックスの企てに乗ることを決心。
    かくして初日打ち切りを目論む絶対にコケるショー制作がスタートする。最低の台本に最低の演出家探し。ロマンスに飢える老婆の相手をして出資金集め。果たして二人は一儲けの野望を果たせるのか・・・・・。

    ******************
    いやいやいや、いやぁ、楽しい映画だった。
    ミュージカル映画を見慣れていないせいか最初の方では、舞台のシーンではなく、事務所や街中のシーンで台詞を歌うことに(大仰だな)という違和感を感じる。(当然ミュージカルとしては当たり前の展開なのだが・・・・。)しかし、如何にも「ここで笑って欲しいんです!」と云わんばかりの舞台トーンの展開を観ているうち素直に笑えてくる。難しく考えない。今日は楽しんじゃおう!という気持ちで観るといつも映画を観るときとは全く違う充実感を味わえる。ストーリーは追おうなんて考える必要がないくらいシンプルだから、その場その場の短絡的な可笑しさに没頭できる。

    正直なところ主演の二人:ネイサン・レインマシュー・ブロデリックに関しては他の作品での記憶や印象がないが、とても満足させてもらった。

    ユマ・サーマンに関しても、私としてはパルプ・フィクションキル・ビルビー・クールでのクールな美女の印象が強かったが一変して新しい魅力を見せてくれた。
    言葉がもっとネイティブに理解できればもっと楽しめるのに!という思いも残ったが、今度は「プロデューサーズ」に限らず色々なショーを見てみたいなぁ、という気持ちなった。
    でも高いんだよねぇ、舞台は・・・・。

    追伸:これからこの映画を観る方には、エンドロールの最後まで見ることをオススメしたい。
    スポンサーサイト

    2006-04-11(Tue) 13:35 映画 | トラックバック(2) | コメント(6) | 編集 |
    □ 管理人のみ閲覧できます by

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    2006-04-18(Tue) 01:21 | | # [ 編集 ]
    □ TBありがとうございます。 by @kei

    こんにちは。
    @keiと申します。
    TBありがとうございます。
    素敵なblogですね!
    こういう雰囲気大好きなので、羨ましいです(笑)

    『プロデューサーズ』はミュージカルで観たことないのですが、この映画を観てぜひ見たくなりました。
    それくらい楽しめた映画でしたっ。
    エンドロールの最後の最後までオイシイ映画ですよね。

    2006-04-19(Wed) 13:02 | URL | #An5O.gXI [ 編集 ]
    □ @keiさん、こんばんわ by bally

    いっらっしゃいませ。ご来訪&コメント頂きどうもありがとうございます。
    また、嬉しいお褒めのお言葉まで頂きありがとうございます。ホントとても嬉しい!です!!
    でも、サイト始めて約2ヶ月・・・・まだ自分でも、雰囲気も何も、狙いどころもないまま、気まぐれにやってます。
    この映画は、面白いとか感動とかっていうより、「ホント、楽しんじゃいました!ハイ!」って感じで素敵な体験でした。

    2006-04-19(Wed) 19:56 | URL | #SmD5F9mI [ 編集 ]
    □ 管理人のみ閲覧できます by

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    2006-04-21(Fri) 18:19 | | # [ 編集 ]
    □ はじめまして by reiko204

    こんにちは。別に作品でコメントを頂き、遊びに来させていただいたところ、プロデューサーズのreviewもあったので食いついてしまいました。
    自身のblogにはこのreviewはまだ載せていないのですが、私もこの作品見ましたよ!期待通りの出来で、思わず2日連続で映画館に通ってしまったほどです。たぶんまたいくと思います。
    この作品はほんとに「楽しんだもの勝ち」ですよね。頭をカラッポにして素直に楽しむ、これに尽きると私も思いました。
    ミュージカルが苦手な日本人の方に、この作品を通してミュージカルの良さが少しでも伝わったなら、きっと作品的に大成功だと思います。

    2006-04-23(Sun) 20:07 | URL | #PMWBkWk2 [ 編集 ]
    □ reiko204さん、こんばんわ by bally

    いらっしゃいませ!&コメントありがとうございます。
    レヴューにも書いたとおり、私の場合、この作品が始めてのミュージカル映画だったのですがホントに楽しかったです。
    ~という訳で、29日の「レント」を密かに心待ちにしてしまっている次第です。はい(^^ヾ

    2006-04-24(Mon) 01:30 | URL | #SmD5F9mI [ 編集 ]

    管理者にだけ表示を許可する
    Top
    http://bally.blog47.fc2.com/tb.php/45-9959576e

    昨日、誕生日と血液型が全く一緒の友人と、また映画に行って参りました。今回観たのは『The Producers』と『A Sound Of Thunder』『The Producers』1959年、ニューヨーク、ブロードウェイ有名なミュージカルのプロデューサー、マックス・ビアリストック(ネイサ...
    2006-04-19(Wed) 11:59 | The Blue Knowhere 

    2005/アメリカ監督:スーザン・ストローマン出演:ネイサン・レイン   マシュー・ブロデリック   ユマ・サーマン   ウィル・フェレルタモリみたいにミュージカルうけつけないわけじゃないんだけど(だって「オペラ座の怪人」も「シカゴ」もとってもよかったもん)
    2006-04-20(Thu) 21:21 | Lovely Cinema 
    HOME
    copyright © 2005  “bally”  all rights reserved.

    Template By innerlife02

    RSS1.0 ,
    MUSIC PLAYER


    MusicPlaylist
    Music Playlist at MixPod.com

    FAVORITE SOUNDS

    MY BOOKMARK

    MOVIE BLOGS UPDATE!

    ----------------

    FUNK & SOUL BLOGS UPDATE!

    ------------

    関西トランスレイター

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。