AX
PROFILE

 “bally” 

Author: “bally” 
____WELCOME!____
【sex】male
【birth】mar.1965
【favorite】
music : funk&soul,jazz,jazz-funk,brazil.....
movie : Nuovo Cinema Paradiso,across the univers,ange-la.....
【home】tokyo,Japan

Blog Ground Music

AD-Space

【広告】 観たい席で観たい映画を満喫 e席リザーブ

CATEGORY

  • 音楽(101)
  • 映画(80)
  • 日記(40)
  • Others(24)
  •   bally's Mall
  • RECENT ENTRY & COMMMENT

    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    最近のコメント

    Search(in site)

    RecentTrackBack

    Monthly Archive

    QR-code

    QRコード

    Funk&Soul Music好き、映画好き、仕事チョイ好きサラリーマンの単なる記録
    Funky Sensation
    [------]
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
    [20060216]
    crash2.jpg

    先日、映画“Crash”を観た。
    私は映画を観るときは下調べをしないことをモットーとしてきた。そんなせいかかつては意外性に感動したりすることもあれば、ん?アレ?・・・終わりですか!?みたいなことも多々あった。それはそれで楽しみの一つだったのだが最近はナカナカ時間の確保自体が困難となり、劇場で観れる貴重な時間とお金は有効に使いたいなんてセコイ親父心も働いて最低限の情報は取るようにしている。そんな甲斐あってここのところ劇場で観る映画は殆どしてやったりのアタリ!であるような気がする。この辺のインプレはまた後日にでも・・・。
    本題に戻って“Crash”。最低限の下調べとしては、サンドラ・ブロック、ドン・チードル、マット・デュロンの主戦級に“ミリオンダラーベイビー”のポール・ハギスの企画・制作。少々社会派の感動もの・・・かな?大ハズシはないだろう、と思いながら劇場に足を運んだ。
    結果、恐れ入った、完璧だった・・・、と私は感じる。
    完璧にも色々種類あるだろうが「カンペキ!」ではなく「完璧だった・・・」だった。
    涙は出ない、笑いもない、怒りも感じない、元気が出るわけでもない。
    でも何なのだろう?この深く長い余韻と共感は・・・。
    ストリー自体についての説明は、オフィシャルサイトに委ねる。
    生意気にも評価という視点でコメントさせてもらえば造り手のセンスとクレバーさを感じる作品と言いたい。
    浅い情報を眺めると主演はサンドラ・ブロックであるかに見えるが、実際のところこの作品に主演はいない。むしろ登場者全てが主演と言った方が主旨に沿っているかもしれない。
    この作品のメッセージをどう受け取るかは人によって千差万別かもしれない。この作品のテーマビジュアルが何種類も存在する訳が理解できた気がする。人種差別というテーマが存在しているが、これはメッセージを伝達する一つのファクターでしかないと感じる。アメリカにおける正直な日常性から目をそむけない状態でこの映画を観てもらうための手段だったのかとも思う。私自身、差別自体がどうこうという感情は殆ど残っていない。
    寧ろ、人間の中にある多面性・・・醜さ、美しさ、迷い、潔さ、救い、裁き、危機、安堵・・・その存在は誰にもある現実であり、それが社会の縮図ともなっているのだということを改めて認識できたような気がする。悪い人が社会の暗をつくり、良い人が明をつくるのではない。一人一人の明と暗の集合によって社会の明と暗が構成されているのだなと。
    観終わって何日かたった今、このブログを書きながら思うこと。それは我々は自分の中にある一部分のファクターに固執してその時の自分のステイタスを決め込みがちであるということ。ついてない、分かってくれない、俺は凄い、素晴らしい、こんなに頑張ってるのに・・・とか。でも実は自分の気持ちにそぐう以外の部分を見落としている、或いは見ることを避けて可愛い自分を肯定できる拠り所を見出しているのだなと。良い悪いではなく現実がそうなのだろうという視点をもてたことを有意義に感じる。
    ストーリーの中では沢山の登場人物の夫々の視点が目まぐるしくスイッチする。しかし、観ていると自然に全ての登場人物の視点に無理なく等身大で入り込める。入り込みながらも、不思議ともう一人の自分が社会を俯瞰で眺めているから混乱することも無い。ポール・ハギスの計算しつくされた構成に私は完全に嵌っていたのだと思う。ストーリー、人物、映像、音、演出の全てのパッケージングの最適なコラボが完成していた。原案から脚本、監督までを一気通貫させた妙なのだろう。
    強いて挙げれば、Crash(この作品の中では人と人がぶつかる接点を指していると思う)の起こる頻度が現実の数倍のペースで現れるが映画という枠組みを通した表現の中では必要不可欠だったと思う。途中、サンドラ・ブロックのポジションは必要なのかと感じる瞬間もあったが、これもやはりこれなくしてこの深みは成立しなかったと確信する。

    気がつけば整理できないまま長々と書いてしまったが、この作品が私に与えてくれた深く、長い静かなる感動を表現しきれない自分の稚拙さが歯痒い。凡人親父の日記としてお許し頂きたい。
    沢山の人が自分の目と耳と心で感じたインプレを聞いてみたいものだ。
    スポンサーサイト
    □ こんばんわ♪ by さわわ

    いやいやいやBALLYさんのレビューすごいです!!
    さわわのなんて・・小学生?ってレベルなのに映画を思い出せるようで素晴らしいです!クラッシュ、さわわにはうまく言えなかったけど、なんだかものすごく体に浸みる映画でした。あんな感覚はほんと珍しいくてとても大切な作品になりました・・

    そしてこんな素晴らしい記事に送ってしまってほんと申し訳ないのですが、「恋愛バトン」受け取って下さいませんか??
    もし無理でしたらさらーっとスルーしちゃってくださって構いませんのでっ★

    2006-02-16(Thu) 22:22 | URL | #- [ 編集 ]
    □  by あん

    見応えのある社会派の群像劇でしたね。様々な人の人生の断片が見事同じ重さで描かれている、ポール・ハギスただものではありませんね。
    Tb失礼します。

    2006-02-18(Sat) 14:51 | URL | #- [ 編集 ]
    □  by あん

    早速のTbとコメントありがとうございました。生きることについていろいろ考えさせられる作品でした。又、お邪魔しますね。

    2006-02-18(Sat) 20:26 | URL | #- [ 編集 ]
    □ あんサン、こんにちわ by bally

    レスが大変超滅茶苦茶遅れ失礼しました。
    貧相なサイトでございますが、偶に覗いて頂けると光栄です。
    私もまたお邪魔いたしますので、宜しくお願いします。

    2006-02-27(Mon) 12:05 | URL | #SmD5F9mI [ 編集 ]
    □ あえて主演を設定しない群像劇でしたね by たろ

    こんにちは。
    弊ブログへのコメントとトラックバック、ありがとうございました。
    こちらからもコメント&トラックバックを失礼いたします。

    記事を興味深く拝見させて頂きました。
    この作品は、人種や階層 等、人が触れ合う事による摩擦を様々な感情を通して表現しておりました。

    また遊びに来させて頂きます。
    改めて、今後共よろしくお願い致します。
    ではまた。

    2006-03-03(Fri) 10:36 | URL | #/Qo2uXNc [ 編集 ]
    □ たろサン、こんにちわ by bally

    コメント謝謝であります。
    映画の面白い云々だけではなく、自分の考えがどうなのかを問いかけられる作品って貴重ですよね。映画に限らず、日常色々な所にあるのだと思います。見落とさないように日常を見つめたいものです。


    2006-03-03(Fri) 18:31 | URL | #SmD5F9mI [ 編集 ]
    □ TBさせていただきます by ERI

    おはようございます。

    Crashは登場人物が多いのに、散逸することなくうまくテーマを観客に提示できた作品だと思います。
    サンドラ・ブロックが最初出てきたシーンで、私は色の対比だけじゃなくて、人間の心の奥にある対比を描きたかったのではないかと思いました。クリスたちの肌の色とサンドラ・ブロックたちの肌の色がまったく違っていて、見ている人たちはどういう風な印象を持つか。深読みしすぎかと思いましたが、今思えばとても印象的なカットだと思います。

    重たい映画の中で、ロレッタ・ディヴァインとマット・ディロンのやり取りがいい味を出していたと思います。しかし、ラストまで絡んでくるとは、シャニクアのキャラクターが強いからでしょうか。

    関係ないですけれど、私も次元が好きですv
    それでは!

    2006-03-11(Sat) 10:12 | URL | #mQop/nM. [ 編集 ]
    □ ERIさん、こんばんわ by bally

    TBとコメントありがとうございます。
    なるほど、冒頭のシーンは確かにそうですね。
    人の醜い部分と美しい部分の極限を演じ分けたマット・ディロンはホントにいい味でしたね。いい人の時と悪い人の時が別人ではなく確りと同一人物が持ち合わせる二つの側面として普通に表現していたところが見事で良かったと思います。
    ・・・・で次元ですが、歳負うごとにカッコイイ男になりたいと単に願っているだけの私の憧れです。チョイ悪レオン親父は中味の無い虚像に見えてしまいますが、これくらい芯と心がある悪ならホントに格好イイと思います。かく言う私の現実はチョイ悪にも及ばない単なるヘタレですが(笑)

    2006-03-11(Sat) 21:39 | URL | #SmD5F9mI [ 編集 ]
    □ またまたお邪魔します by チュチュ姫

    この映画、私個人の感想は「うそ臭い」
    しかし、私が一目置いている方々は褒めていることが多い。ふむ。
    TBさせていただきますので、よろしかったらコメント残してくださいませ。

    2006-07-26(Wed) 04:24 | URL | #- [ 編集 ]
    □ チュチュ姫さん、こんばんわ by bally

    実は、昨日、チュチュ姫さんのクラッシュの記事拝読させて頂き、実際にアメリカ社会の中で日本人が生活しているとこういう視点もあるのか、なるほど・・・と思いました。
    確かにつくりものではありますね。

    2006-07-27(Thu) 02:59 | URL | #SmD5F9mI [ 編集 ]

    管理者にだけ表示を許可する
    Top
    http://bally.blog47.fc2.com/tb.php/5-87af7b35

    満足度★★★★☆人と人がぶつかり合うことで生まれた不思議な連鎖反応。少しも目が離せない、少しずつ絡み合っていくストーリー。ラストには喜びとも感心とも悲しみとも違う、奇
    2006-02-16(Thu) 22:15 | だらだら映画・和日和 

    先日の色バトンを受け取ってもらったカリスマ映画論の睦月お姉しゃんから、お返しに(?)『恋愛バトン』なるものを頂戴致してしまいました!さわわには幻かと思われたバトン・・
    2006-02-16(Thu) 22:16 | だらだら映画・和日和 

    サンドラ・ブロック、ドン・チードル、マット・ディロン ジェニファー・エスポジート 主演豪華な出演者達が織り成す群像劇人種るつぼのロサンゼルス 白人・アフリカ系・ヒスパニック・アラブ系・東洋人色々な人種が暮らしています そこでの人種差別を真正面から描いた映画
    2006-02-16(Thu) 23:23 | travelyuu とらべるゆう MOVIE 

    こんばんは。雨の水曜日です。今日は新宿の劇場で観た映画について。『 クラッシュ ( CRASH ) 』 ( ‘04年 アメリカ )冬、クリスマス間近のロサンゼルス。黒人刑事 グラハム(ドン・チードルさん)とその同僚でヒスパニックの恋人 リア(ジェニファー・エスポジー
    2006-03-03(Fri) 10:36 | ** Paradise Garage ** 
    □ Crash

    昨日はレディースデイということもあり、早速見て参りました。感想を言う前に、まずはキャストについて。誰が主役かわかりませんでした。Don Chedleなのか、ただ彼がものすごい存在
    2006-03-11(Sat) 10:02 | お庭番と私 
    HOME
    copyright © 2005  “bally”  all rights reserved.

    Template By innerlife02

    RSS1.0 ,
    MUSIC PLAYER


    MusicPlaylist
    Music Playlist at MixPod.com

    FAVORITE SOUNDS

    MY BOOKMARK

    MOVIE BLOGS UPDATE!

    ----------------

    FUNK & SOUL BLOGS UPDATE!

    ------------

    関西トランスレイター

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。