AX
PROFILE

 “bally” 

Author: “bally” 
____WELCOME!____
【sex】male
【birth】mar.1965
【favorite】
music : funk&soul,jazz,jazz-funk,brazil.....
movie : Nuovo Cinema Paradiso,across the univers,ange-la.....
【home】tokyo,Japan

Blog Ground Music

AD-Space

【広告】 観たい席で観たい映画を満喫 e席リザーブ

CATEGORY

  • 音楽(101)
  • 映画(80)
  • 日記(40)
  • Others(24)
  •   bally's Mall
  • RECENT ENTRY & COMMMENT

    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    最近のコメント

    Search(in site)

    RecentTrackBack

    Monthly Archive

    QR-code

    QRコード

    Funk&Soul Music好き、映画好き、仕事チョイ好きサラリーマンの単なる記録
    Funky Sensation
    [------]
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
    [20060508]
    Stevie Wonderくらいの大御所となると、“この1枚!”というのを抽出するのが難しい。音楽というのは不思議なもので同じアーティストの同じVerの同じ曲でも聴き手である我々の精神的だったり、物理的だったり、その時々の環境や状況によって違って聴こえたりする。
    他の方がどうかは判らないが、私の場合、ステービー・ワンダーはその違いの振れ巾が他のアーティストより格段に大きく感じられる。
    お題のアルバムに含まれる曲ではないのだが、例えば“Ribbon In The Sky”という曲・・・・、ミディアムのコンテンポラリービートが好きで、どちらかというとバラードを得意としない私には少々退屈な感があったりするのだが、偶にカフェのBGM等で流れていると突然刺さってしまって、凄く聴き入ってしまい、近くの席で楽しそうに喋っているカップルに「ちょっと静かにして!」と言いたくなる。因みに曲に聞き入りたい気持ち以外の嫉みはない、多分(苦)  ・・・・で、その先ずっ~と頭の中をリフレインして流れ続け、ちょっと油断すると公衆の中歩きながら鼻歌っていたりする(笑)  そして帰宅して念願かなってジックリ聴いてみると・・・・やっぱり素晴らしい!なぜ今日までこう感じなかったのだろう?でも数日後には、また(ちょっとだるいかなぁ)と思ってしまったり。スローに限らずアップな曲でも同じような現象を何度となく味わってきた。このギャップが大きさは我ながら実に不思議だ。
    オキナな曲、ピンとこない曲が頻繁にスイッチする。私のとってステービー・ワンダーはそんなアーティストと言える。

    そんな状況で今日のお題となるアルバム「Hotter Than July」は確か1980年辺りのリリースだったと思う。
    私がアルバムとして聴いたのはその数年後になる・・・・。
    私は長年に渡ってステービー・ワンダーを好きではあるが、所謂スティービー通でない。このアルバムは、一般的にスティ-ビー通の方からはあまり評判の宜しい作品ではなかったようなのだが、先に記したような振れ巾の大きなスティービー・エワンダーの作品の中にあって、私には結構しっくり嵌って気に入って、聴くときを選ばず(好きだな)と思えるアルバムだ。

     Hotter Than July / Stevie Wonder
     ==============[試聴対応:②③⑤⑦⑨]
     ①.Did I Hear You Say You Love Me
     ②.All I Do
     ③.Rocket Love
     ④.I Ain't Gonna Stand for It
     ⑤.As if You Read My Mind
     ⑥.Master Blaster (Jammin')
     ⑦.Do Like You
     ⑧.Cash in Your Face
     ⑨.Lately
     ⑩.Happy Birthday

    一般的に通の方の間で言われるところでは、スティ-ビー・ワンダーの作品は70年代がベストで「Songs in the Key of Life 」が集大成であったとの意見が多いようだ。そのキー・オヴ・ライフのリリースが1976年、流石に今年41歳となった私もまだ小学生、「Innervisions」の1973年は8歳。同級生の中ではマセガキの部類でフォークギターかなんかかじってはいたが、流石にスティービー・ワンダーを愛するレベルには至っていなかった(笑
    確かにキー・オヴ・ライフは素晴らしいアルバムだと思う。事実、自身でも所有していて特に1枚目なんかは何かにつけて聴く好きな1枚でもあるが、元はといえば後から「スティービーを聴くならこれを」といわれて聴いてみた感も否めない。そういう意味では現役進行形で私が感じることができたスティービー・ワンダーは70年代終盤からであり、この「Hotter Than July」は自身の感覚先行でオキニとなった彼の最初のアルバムといえる。

    曲の構成としては、①“Did I Hear You Say You Love Me”はブルースギターとホーンが気持ちよい。シングルカットとなった②“All I Do”はAOR系の香りを漂わせる。当時のトレンド的には売れ線アレンジともいえるが私的には今でも好きな感じの部類だ。③“Rocket Love”はスローだが、バラードとは違いJAZZYでよい感じ。⑤“As if You Read My Mind”はこのアルバムの中で私には一番嵌りかもしれない。このギターや鍵盤の感じがとても好きな感じだ。⑥“Master Blaster”はレゲエの要素を色濃く取り入れた有名なナンバー。⑦“Do Like You”はノリの良いPOP調、アルバムの流れの中でいい味を効かせている。⑨“Lately”はバラード。比較的FMやTV等でもよく何かの機会にOAされてきた曲ではないだろうか。
    そして⑩はご存知、誰かのお誕生日になるとどこかのお店がお約束でかけてしまう御馴染みの曲。

    全体に世間的評価の高かった70年代の作品と比べると都会的な音に仕上げられているように感じる。この辺りのアッサリ感がそれ以前からの通の方にはシックリこない、それまでのスティービー流ではないところだったのかもしれない。
    考えてみれば、直球のソウル・ファンクだけではなく、R&Bにミディアム系コンテンポラリー・ビートやARO、ACID等のエッセンスを掛け合わせたような音を好み勝ちな私がこのアルバムを安定して気に入っているのは必然の流れ・・・・・かな。
    スポンサーサイト

    2006-05-08(Mon) 01:15 音楽 | トラックバック(1) | コメント(7) | 編集 |
    □ 凄いですね。 by hige-megane

    こんなに音楽や曲について伝わりやすく書くことが、私にはとてもできません。読ませていただきながら「そうですよね」とか「そうなんですか」と頷いてしまいました。Stevieの他のアルバムも多く持っていますが、理屈ではなく自然に一番聴き続けた結果の一枚です。中目黒にて小さなデザイン会社をやっております。こちらこそ拝見しながら色々書き込ませていただきます。

    2006-05-08(Mon) 23:45 | URL | #- [ 編集 ]
    □ Ribbon In The Sky by 猫山

    ゆったり系が大の苦手なのですが、この曲には本当にハマりました~
    裏道ですが、初めて聴いたのが久保田利伸のカバーバージョンで、その後スティービーのどのアルバムに入っているのか、血眼になって探しました。一度ハマるとエンドレスに鳴り響く、魔物のような曲ですね・・

    2006-05-08(Mon) 23:58 | URL | #- [ 編集 ]
    □ いらっしゃいませ! by bally

    >hige-meganeさん
    コメントありがとうございます。私はクリエイターではなくどちらかというとプランニングの方面に寄っているので、大して深く考えていないことでもつい書き方が理屈っぽくなってしまい・・・・(汗
    私も撮っている姿を気取ってみたくて、ついつい流行のデジ一(安物ですが)に手を出してしまいました。そんなに沢山撮ってないくせにレンズとか欲しくなっちゃってヤバイですね、アレは(^^ヾ

    >猫山さん、毎度でございます
    こんばんわ!久保田利伸サンのは私は聴いたことありませんでした。
    ところで、私のサイトのLINK欄にあるMusic Avenue(bykaz-shinサン)の昨日の記事がジョージ・ベンソン特集です。bykaz-shinサンは知識豊富なので面白く勉強になります。よろしければ見てみて下さい。

    2006-05-10(Wed) 02:09 | URL | #SmD5F9mI [ 編集 ]
    □ このアルバム by magicbroom

    スティービーの中ではこのアルバムが一番好きです。

    うちのページにもレビューかいてますので、
    よかったらご覧ください。
    (トラバがうまくいきませんでした。。。)

    http://blog.kansai.com/magicbroom/30

    2006-05-12(Fri) 15:56 | URL | #- [ 編集 ]
    □ magicbroomさん、こんにちわ by bally

    ご来訪&コメントありがとうございます。
    私と同じように夫々のこのアルバムを好きな皆さんと出会え、
    コメントを頂けるってホントに嬉しいですね(^^)
    では、早速magicbroomさんのサイトにお邪魔させて頂きま~す!

    2006-05-12(Fri) 16:38 | URL | #SmD5F9mI [ 編集 ]
    □  by こ~ちゃん♪

    こんにちはballyさん
    Stevie Wonderあんまり聞いた事ないので・・・
    いやぁ。。。いいですね♪
    70年後半から80年代にしかでない・・・
    この空気!匂い!味!?
    ストライクですね。
    ギター♪音の抜けかた!ベースのうねり♪ドラムのスネア♪
    リアルタイムできければ・・・ざんねん。ですー!!!
    もちろんStevie Wonderもすごい!です。

    2006-05-12(Fri) 20:30 | URL | #- [ 編集 ]
    □ こ~ちゃん♪さん、こんにちわ by bally

    いらっしゃいませ!レス遅くなりすみません、です。
    スティービー・ワンダーって日本でいう“山達さん”みたいに時代&世代超越形アーティストっていえると思いますが、確かにアレンジに時代感のトレンドがありますね。このころの空気は私は好きな部類です。
    コメントありがとうございました。

    2006-05-14(Sun) 15:36 | URL | #SmD5F9mI [ 編集 ]

    管理者にだけ表示を許可する
    Top
    http://bally.blog47.fc2.com/tb.php/54-f6f36490
    □ 9年

    木々の緑が本当に奇麗な毎日です。季節が変わったことを肌で感じながら、ここ数年の過去を振り返って考えてみました。30歳で独立してから今年で9年。そんなに経つのかというのが実感です。20代の10年と30代の10年は、想像できないほど生き方が違っていました。この分だと40
    2006-05-09(Tue) 00:59 | 髭と眼鏡 
    HOME
    copyright © 2005  “bally”  all rights reserved.

    Template By innerlife02

    RSS1.0 ,
    MUSIC PLAYER


    MusicPlaylist
    Music Playlist at MixPod.com

    FAVORITE SOUNDS

    MY BOOKMARK

    MOVIE BLOGS UPDATE!

    ----------------

    FUNK & SOUL BLOGS UPDATE!

    ------------

    関西トランスレイター

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。