AX
PROFILE

 “bally” 

Author: “bally” 
____WELCOME!____
【sex】male
【birth】mar.1965
【favorite】
music : funk&soul,jazz,jazz-funk,brazil.....
movie : Nuovo Cinema Paradiso,across the univers,ange-la.....
【home】tokyo,Japan

Blog Ground Music

AD-Space

【広告】 観たい席で観たい映画を満喫 e席リザーブ

CATEGORY

  • 音楽(101)
  • 映画(80)
  • 日記(40)
  • Others(24)
  •   bally's Mall
  • RECENT ENTRY & COMMMENT

    06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -

    最近のコメント

    Search(in site)

    RecentTrackBack

    Monthly Archive

    QR-code

    QRコード

    Funk&Soul Music好き、映画好き、仕事チョイ好きサラリーマンの単なる記録
    Funky Sensation
    [------]
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
    [20060702]
    millennium.jpg
    先日の記事でKool & The Gangのセレクションをしてみたが、Koolの曲を振り返り聴き続けていると、何となく私の中では対抗馬的な存在になっているEarth,Wind & Fire(アース・ウィンド&ファイヤー)を聴きたくなった。
     (ある種イージーな嗜好だ:笑)
    アースの場合、クールより更に大御所的な存在となり、セレクションを考えようすると更に相当の時間を要する。~~なので今日は、1977年、中学生の時に初めてEarth,Wind & Fireを聴いたballyとしては、彼等の数あるアルバムの中では大人になってから聴いた比較的最近の作品となる・・・・な~んて思っていたが、もう13年前の作品となる1993年リリースの「MILLENNIUM(ミレニアム)」を久しぶりに聴いてみる。


    Earth,Wind & Fireというと、“♪Do you remember♪”の「September/セプテンバー」や「Boogie Wonderland/ブギー・ワンダーランド」「Let's Groove/レッツ・グルーブ」等のダンスクラシックのファンク&グルーブの雄として余りにも有名なのだが、一方で「Fantasy/宇宙のファンタジー」みたいなメロの美しさも彼等の大きな魅力ではないかと思う。
    この『MILLENNIUM』は、「September」級のヒットTUNEを含むものではないので、セールス的にはアースの中では突出するものでは無かったのではないかと思うが、アルバム全体の流れ中で、所謂期待通りのグルーブ感からメロディラインの美しさやブルース的な味付けまでバランスよく楽しませてくれる作品として私的には好きなアルバムとなっている。

    Millennium / Earth,Wind & Fire
    ==========================【試聴対応:①⑤⑦⑧⑨⑪⑬⑮】

      ①.Even If You Wonder
      ②.Sunday Morning
      ③.Blood Brothers
      ④.Kalimba Interlude
      ⑤.Spend the Night
      ⑥.Divine
      ⑦.Two Hearts
      ⑧.Honor the Magic
      ⑨.Love Is the Greatest Story
      ⑩.The“L”Word
      ⑪.Just Another Lonely Night
      ⑫.Super Hero
      ⑬.Wouldn't Change a Thing About You
      ⑭.Love Across the Wire
      ⑮.Chicago (Chi-Town) Blues 
      ⑯.Kalimba Blues

    ①“Even If You Wonder”から定番的EW&F流グルーブでイイ感じのMODEに乗せてくれる。
    ②~③とInterrudeのKalimbaを挟んでの④までは、“ようこそ、モーリス・ホワイトの世界へ”の時間となる(笑
    その後も、ファンクからメロディアスまで余すところなく楽しませてくれるわけなのだが、特に私が好きなのが、⑦“Two Hearts”と⑬“Wouldn't Change a Thing About You”でのフィリップ・ベイリーのメローラインのヴォーカル。とても美しい。元来私はバラードのようなスローはあまり得意としないところなのだが、⑦のフィリップ・ベイリーに聴き入ってしまう。
    ワールドミュージックやJAZZのテイストを取り入れた⑧“Honor the Magic”や⑮“Chicago (Chi-Town) Blues”はとても音楽としてのパッケージングのセンスを楽しませてくれる仕上がりになっている。
    ⑨~⑩は、グル-ブラインの流れとなるが、特に⑩“Love Is the Greatest Story”では、かつての“Fall In Love With You”がカットインしてきたのかとオールドファンが一瞬喜んでしまうようなサービスフレーズ?(笑)の演出も組み込んでいたりして心憎い。

    このアルバム『MILLENNIUM』は16曲で構成されているが、1枚の流れの中で無駄なく、バランス良くEarth,Wind & Fireの持つ本当の魅力を味あわせてくれる作品だと思う。
    こうして聴いていると、“Sun Goddes”とか“Got to Get You Into My Life”とか更に昔の作品も次々と思い出して聴きこみたくなるが、ここら辺はまた後日にでも・・・・と。しかしそれにしても、音楽ってホントに連鎖するものだ。

    スポンサーサイト

    2006-07-02(Sun) 20:44 音楽 | トラックバック(1) | コメント(7) | 編集 |
    □ ながコメントでm(_ _)m by こ~ちゃん♪

    『The Royal Dan』聴いて見ました。
    「スティーリーダン」トリビュート・アルバムです・・・
    私の好きなヴィニー・カリウタ(ds)叩いて。スティーヴ・ルカサーとかマイク・スターン他・・・原曲知らないんですが・・・これはこれでアリかな。。。
    別で・・・私の手伝いしていたピアノ杉山さんと言う方なんですが・・・
    http://www.piano-man.jp/(YASU SUGIYAMA OFFICIAL HOME PAGE)
    Earth,Wind & Fireのジャケット手がけているMorito Suzukiさんがジャケット書いて・・・インディーズでこんな。すごいです。
    Chris Minh Doky Clarence Penn Abraham Laboriel
    Vinnie Colaiuta  David Benoitも私の師匠も過去のアルバムに
    参加しているんです。。。
    一応、Earth,Wind & Fire繋がりという事で・・・長くなりすいません。

    2006-07-03(Mon) 23:36 | URL | #HfMzn2gY [ 編集 ]
    □ こ~ちゃん♪さん、どうもです。 by bally

    いらっしゃいませ。
    私残念ながらヤス・スギヤマさんも鈴木盛人さんも存知上げなかったのですが、鈴木さんのキャリアは早々たるものですね。その方にジャケを手がけていただく杉山さんの人脈も鈴木さんの志も素敵ですね。
    アースは昔から日本人のイラストレータが好きですね。古くは長岡秀星さん、それから確かこの「MILLENNIUM」は横尾忠則さんだったと思います。
    それはそうと、『The Royal Dan』!
    初めて知ってAMAZONでチェックしてみましたが、随分大胆な企画!だったのですね。原曲から見事にスーパー・クリエイティブジャンプしています。
    でも何故スティーリーダンが題材になったのか不思議な感じですね。ギタープレイヤーの皆さんからの意表をついた攻撃だったのでしょうか(笑

    2006-07-04(Tue) 00:19 | URL | #SmD5F9mI [ 編集 ]
    □ 千年伝説! by 猫山

    微妙に懐かしいです!CDを引っぱりだして来てしまいました。
    Sunday MorningやEven If You Wonderが印象に残っています。
    ジャケは誰だっけ・・?そうそう横尾忠則さんでしたね!といいたいところなのですが、ジャケを見渡してもクレジットがないですね。
    昔の作品ではない筈ですが、曲に微妙な邦題がついていて、(「巡る心」とか「愛こそ偉大なストーリー」とか)ちょっと時代を感じました。(笑)

    2006-07-04(Tue) 00:33 | URL | #- [ 編集 ]
    □ はじめまして by morito

    はじめまして。足跡から来てみました。大好きな「千年伝説」のジャケット~!と思ったら自分の名前まで出ててビックリしました(^_^;)

    2006-07-04(Tue) 07:46 | URL | #1wIl0x2Y [ 編集 ]
    □ 猫山さん、どうも、です by bally

    ドキッ!?
    当時横尾さんだと聞いてずーっとそう思い込んでましたが、確かにクレジットはありません。心配だったのでググって調べてみましたがどうやら横尾忠則さんで大丈夫なようです。ホっ・・・(^^ヾ
    私輸入版で所有していたので邦題知らなかったですが、そんな題がついていたのですね。
    まぁ、もっと昔は頭に「愛の~(メインフレーズ)~」「恋の~(洋題)~」とかみたいな笑える時代もありましたけどね(笑

    2006-07-04(Tue) 13:26 | URL | #SmD5F9mI [ 編集 ]
    □ moritoさん、はじめまして by bally

    こんにちわ。
    ビックリ!ドッキリ!ご本人様ですか!?お越し頂けて光栄です。
    大変失礼ながら、偶々ブログで相互リンクさせて頂いている"こ~ちゃん♪"さんから上記コメントのようなご紹介を頂いたのでmoritoさんのサイトにお邪魔させて頂き、素晴らしいお仕事に感服致しました。
    私自身はクリエイターではないのですが、広告関係の企画仕事の升席におりますもので店頭でCDジャケのアートディレクションにやられて購入することもままあります。
    近年のアースのアルバムについては購入していなかったのですが、久々にこのアルバムも聞き込んでみたし、moritoさん直々にコメントを頂き感激でもありますので入手して聞き込んでみようと思います。
    あらためましてmoritoさんのサイトにもお邪魔させて頂きます。

    2006-07-04(Tue) 13:45 | URL | #SmD5F9mI [ 編集 ]
    □ またまた。。。 by こ~ちゃん♪

    おっ・・・moritoさんですか・・・w(( ̄ ̄0 ̄ ̄))wワオッ!!
    びっくりしました。。。
    『The Royal Dan』キングレコードから8月にでるみたいですね。
    Jeff Richmanがプロデュースでおんなじようなメンツでいろいろと企画ものがかなりありました。
    色々あると思われますが・・・
    この企画に関しては・・・個人的には好きですね。
    スーパーギタリストがどう!?料理するのかが・・・
    これはこれで・・・ありかなと・・・違う視点できいてますけど♪

    2006-07-04(Tue) 18:40 | URL | #HfMzn2gY [ 編集 ]

    管理者にだけ表示を許可する
    Top
    http://bally.blog47.fc2.com/tb.php/71-bd0722d8

    Soul Source EARTH.WIND&FIRE REMIXESposted with amazlet on 07.04.12アース・ウィンド&ファイアー ソニーミュージックエンタテインメント (2002/07/24)売り上げランキング: 38603Amazon.co.jp で詳細を見る原曲を
    2007-04-12(Thu) 23:17 | &-'s Blog 
    HOME
    copyright © 2005  “bally”  all rights reserved.

    Template By innerlife02

    RSS1.0 ,
    MUSIC PLAYER


    MusicPlaylist
    Music Playlist at MixPod.com

    FAVORITE SOUNDS

    MY BOOKMARK

    MOVIE BLOGS UPDATE!

    ----------------

    FUNK & SOUL BLOGS UPDATE!

    ------------

    関西トランスレイター

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。