AX
PROFILE

 “bally” 

Author: “bally” 
____WELCOME!____
【sex】male
【birth】mar.1965
【favorite】
music : funk&soul,jazz,jazz-funk,brazil.....
movie : Nuovo Cinema Paradiso,across the univers,ange-la.....
【home】tokyo,Japan

Blog Ground Music

AD-Space

【広告】 観たい席で観たい映画を満喫 e席リザーブ

CATEGORY

  • 音楽(101)
  • 映画(80)
  • 日記(40)
  • Others(24)
  •   bally's Mall
  • RECENT ENTRY & COMMMENT

    10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -

    最近のコメント

    Search(in site)

    RecentTrackBack

    Monthly Archive

    QR-code

    QRコード

    Funk&Soul Music好き、映画好き、仕事チョイ好きサラリーマンの単なる記録
    Funky Sensation
    [------]
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
    [20060725]
    「自由と安らぎの香り、アメリカンブルー、パーラメント」
    NYの夜景とセレブな人々の御ゴージャス映像にこのナレーションが添えられ、80年代末~90年代前半にOAされたPM社の煙草「PARLIAMENT」のCFは“R30指定”位で多くの方の記憶に残っているのではないだろうか。

    このアメリカンブルーのシリーズCMで私が最初に記憶している楽曲はボビー・コールドウェルの“Come To Me”ではなかったかと思う。

    その後、順番は正確には覚えていないが、カーラ・ボノフ、カール・アンダーソン、マイケル・フランクス&リンダ・ロンシュタット、ナタリー・コール・・・・AORやオトナ系R&B等所謂〝ソフト&メロー〟路線の楽曲が起用されヒット曲となった。
    ボビー・コールドウェル自身も“Heart Of Mine”“Stay With Me”で再度の登場を果たしたと記憶している。
    以前、偶々このCFの製作の仕事をしていた方とご一緒する機会があったのだが、それはもうアダルト・オリエンテッドで(どんなんだ!?)御ゴージャスなロケだったようだ。
    BCaldwell.jpg

    それはそうと・・・・、
    今日はパーラメントCF特集のエントリーではなく、このヒットCFの起点となったボビー・コールドウェルのデビュー・アルバムである『Bobby Caldwell(邦題:イブニング・スキャンダル)』
    パーラメントの初期CFに起用されたこの曲は、そのオンエアから10年以上遡る1978年にリリースされた。


    Bobby Caldwell / Babby Caldwell
    ==========================[視聴:①②⑨]

     ①. Special to Me
     ②. My Flame
     ③. Love Won't Wait
     ④. Can't Say Goodbye
     ⑤. Come to Me
     ⑥. What You Won't Do for Love

     ⑦. Kalimba Song [Instrumental]
     ⑧. Take Me Back to Then
     ⑨. Down for the Third Time

    1978年当時、ballyは中学2年生ながら当時としてはマセガキでEW&Fやビージーズを中心に既にダンス系ファンク(当時はそんな風には呼んでなかった。且つDISCO通いをしていた訳では無い:笑)を好んで聴いていたのだが、このボビー・コールドウェルとビリー・ジョエルも熱心にも嵌った。
    “What You Won't Do for Love”がヒットし、明星付録のソングブック(R35:笑)でコード追いながら一人ギターでやってみたり・・・・。何故か邦題は“風のシルエット”。雰囲気的には嵌ってるが、なんでこうなったのか?まぁ、“愛のドゥ・フォー・ラブ”とならなかっただけ良しとしよう(笑
    このアルバムの中では、この他に“My Flame”とレコードではB面1曲目だった“Come to Me”が好きな曲だった。
    白人でありながらブラックコンテンポラリー系アーティストのようにトロトロな空気を醸し出すスローが彼の真骨頂だったといえる。そんなわけで“My Flame”には大学時代になってもドライブ・デート・ミュージックとして随分活躍してもらった。

    ボビー・コールドウェルは、1983年に『August Moon』をリリースして暫くした後、一旦表舞台から姿を消し、1989年に『Heart Of Mine 』をリリースするまでの間、ボズ・スキャッグス、ピーター・セテラ、マイケル・センベロ等様々な大物アーティストと楽曲作り、プロデュース、ゲストボーカル等のセッション、クリエイティブ活動に徹していた。

    PVのセットにも登場する影絵のレコード/CDジャケットは、全てではないが、その後の作品でも彼のアルバムの一つのアイコンとなっている。パーラメント・アメリカン・ブルー・コンサートで来日した際に、CFイメージのNY夜景の影絵を模した舞台セットがバックに登場したことが印象に残っている。

    それから、このアルバムではないが、1982年にリリースされたアルバム『Carry On』に収録されている“Jamaica”という曲がbally的オキニとなっている。上記のようなトロトロ系スローではないのだが、メロと鍵盤アレンジがカッコイイ。
    因みに、“Jammica”の邦題は“ジャマイカ・センチメントル”、これは故ボブ・マーリーに捧ぐとされていたので解るが、アルバム『Carry On』の邦題が『シーサイド・センチメンタル』(!?)・・・・・アーティストのパーソナリティからイマジネーションされたタイトルとして理解しよう(笑

    スポンサーサイト

    2006-07-25(Tue) 12:47 音楽 | トラックバック(0) | コメント(6) | 編集 |
    □  by ゆま

    コメントありがとうございました。
    こちらに伺って、ボビーの事が良くわかりました。
    ここまで詳しいなんてすごいですね!
    私なんて表面だけですから・・・・・(泣)
    今後も頑張って下さいね♪

    2006-07-26(Wed) 20:17 | URL | #t50BOgd. [ 編集 ]
    □ ゆまサン、こんばんわ by bally

    ご来訪&コメントありがとうございます。
    私もそんなには詳しくないですよ~、実際。
    でも思い出したように久しぶりに聴いたのですが、彼はやっぱりシンガーとしてもクリエイターとしてもとても素敵ですね!
    新しモノも聴いてみたくなりました。

    2006-07-27(Thu) 03:07 | URL | #SmD5F9mI [ 編集 ]
    □ BACK TO YOU by morito

    個人的にはパーラメントのCMで使われた「Back To You」がすごく好きです。マリリン・スコットのデュエットでしたが、彼女はマイケル・センベロのプロデュースで1stアルバムを出したんですよね。最近の彼女のアルバムでは、ジョージ・デュークがプロデュースしてました。なんだか身近な人達ばかり(笑)

    2006-07-28(Fri) 19:15 | URL | #/02qLiNA [ 編集 ]
    □ Moritoさん、こんにちわ by bally

    お越し頂きありがとうございます。
    思い出しました!"Back To You"もCMに使われてましたねぇ。
    『Solid Ground』に入ってた二人のハモリが綺麗な曲ですよね。
    ジョージ・デューク、マイケル・センベロ・・・・・残念ながら、当然ながら(笑)私には身近な人たちでは無いのですが、大好きな人たちが繋がりますね。
    そういえば、マイケル・センベロはジョージ・デュークの『Dream On』でギタープレイしてましたよね。
    ボビー・コールドウェルのセッション活動時代もそうですが、一流の人達はお互いに引付けあって、色々な線で必然的に繋がるのでしょうね。
    Moritoさんがカルロス・サンタナを手がける日を楽しみにしたいと思います。

    2006-07-28(Fri) 21:01 | URL | #SmD5F9mI [ 編集 ]
    □ Hi♪ by JJ

    ballyサン、コンバヌワー♪^^
    今日は、ずべら~と、過去記事、拝見しております*ニコ♪
    私もAOR大好きデス♪ボビー・コールドウェルのパーラメントCMは
    最高でしたねー★ぅひゃー懐かしい*
    この時代は、煙草業界のCMは、どこもかしこも、CM曲と映像に凝っていましたよねー***
    sometimeとか、あれは、渡辺貞夫氏も使ってましたねー。
    プールサイドに爽やかな男女のカット。
    クールミントは、あそこから、メンソール女性に人気が出たのかも。
    海外ロケのCMが今でも、目に焼きついて、離れません。
    数秒のカットでも、夢をみさせてくれた時代ですね。^^

    2006-10-15(Sun) 19:41 | URL | #- [ 編集 ]
    □ >JJさん by bally

    ボビー・コールドウェル、BNの公演もうすぐですね。
    でも、私は今月末にコットンのRay Parker JrとBNのSHKATAKを予約し、資金切れで断念です(T。T)
    90年辺りにパーラメントアメリカンブルーコンサートにいた時は、思いっきりAORの王道でいってましたが、最近はスタンダードでイイ味出してくれてるみたいですね。

    2006-10-16(Mon) 14:03 | URL | #SmD5F9mI [ 編集 ]

    管理者にだけ表示を許可する
    Top
    http://bally.blog47.fc2.com/tb.php/81-de48f871
    HOME
    copyright © 2005  “bally”  all rights reserved.

    Template By innerlife02

    RSS1.0 ,
    MUSIC PLAYER


    MusicPlaylist
    Music Playlist at MixPod.com

    FAVORITE SOUNDS

    MY BOOKMARK

    MOVIE BLOGS UPDATE!

    ----------------

    FUNK & SOUL BLOGS UPDATE!

    ------------

    関西トランスレイター

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。