AX
PROFILE

 “bally” 

Author: “bally” 
____WELCOME!____
【sex】male
【birth】mar.1965
【favorite】
music : funk&soul,jazz,jazz-funk,brazil.....
movie : Nuovo Cinema Paradiso,across the univers,ange-la.....
【home】tokyo,Japan

Blog Ground Music

AD-Space

【広告】 観たい席で観たい映画を満喫 e席リザーブ

CATEGORY

  • 音楽(101)
  • 映画(80)
  • 日記(40)
  • Others(24)
  •   bally's Mall
  • RECENT ENTRY & COMMMENT

    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    最近のコメント

    Search(in site)

    RecentTrackBack

    Monthly Archive

    QR-code

    QRコード

    Funk&Soul Music好き、映画好き、仕事チョイ好きサラリーマンの単なる記録
    Funky Sensation
    [------]
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
    [20080506]
    tsugunai001.jpg
    少々前のこととなるが、映画『つぐない/Atonement』を観た。
    劇場は、テアトル・タイムズスクエア。
    ここは、スクリーンも観易いし、流行りもの追いではないセンスの良い作品を見せてくれる好きな劇場の一つだ。
    この映画は何故か早い段階から気になっていて、公開されたら早々に観に行きたいと思っていた作品。イアン・マキューアンの原作「贖罪/Atonement」も話題となったが私はノベルの方は読んでいない。

    監督: ジョー・ライト
    脚本: クリストファー・ハンプトン
    出演: キーラ・ナイトレイ (セシーリア・タリス)、ジェームズ・マカヴォイ( ロビー・ターナー)、シアーシャ・ローナン(ブライオニー・タリス/13歳)、ロモーラ・ガライ(ブライオニー・タリス/18歳)、ヴァネッサ・レッドグレーヴ(ブライオニー・タリス/老年)、ブレンダ・ブレシン(グレイス・ターナー)、パトリック・ケネディ( リーオン・タリス)、ベネディクト・カンバーバッチ (ポール・マーシャル)、ジュノー・テンプル(ローラ・クィンシー)

    「「「「シノプシス:goo映画より「「「「
    第二次世界大戦前夜、夏のイングランド。政府官僚の娘で未来の大作家を自負する13歳のブライオニーは、大学を卒業したばかりの姉セシーリアと使用人の息子で幼なじみのロビーのただならぬ関係を察知し、ロビーへの警戒心を抱く。そして事件は起きる。ブライオニーの嘘の証言によって、愛しあう恋人たちは無残にも引き裂かれ、犯した過ちの重さにブライオニーが気づいたときには、泥沼の戦争が始まっていた。


    ⇒ 続きを読む

    2008-05-06(Tue) 00:51 映画 | トラックバック(3) | コメント(2) | 編集 |
    [20080413]
    MYBLUEBERRYNIGHTS002.jpg
    久しぶりのウォン・カーウァイ 監督作品を鑑賞。

    '04年の『2046』はキムタク出演等で話題になったわりには中味が今イチだったが、
    もう十数年前に公開された『天使の涙』がとても好きだった。

    そんなウォン・カーウァイがハリウッドキャストで仕上げた今回の『マイ・ブルーベリー・ナイツ』、
    いかにも女性向けなテーマで事前から宣伝していたが・・・。

    監督: ウォン・カーウァイ
    製作: ジャッキー・パン、ウォン・カーウァイ
    原案: ウォン・カーウァイ
    脚本: ローレンス・ブロック、ウォン・カーウァイ
    出演: ノラ・ジョーンズ(エリザベス)ジュード・ロウ(ジェレミー)、デヴィッド・ストラザーン(アーニー)、レイチェル・ワイズ(スー・リン)、ナタリー・ポートマン(レスリー)

    ||||||||[シノプシス:goo映画より]||||||||
    恋人に捨てられたエリザベスは彼のことが忘れられず、彼の行きつけのカフェに乗り込む。そんな彼女を慰めてくれたのは、カフェのオーナー・ジェレミーと、甘酸っぱいブルーベリー・パイ。それからのエリザベスは、夜更けにジェレミーと売れ残りのパイをつつくのが日課になる。しかしそんなある日、彼女は突然ニューヨークから姿を消す。恋人への思いを断ち切れずにいたエリザベスは、あてのない旅へとひとり旅立ったのだった…。

    ⇒ 続きを読む

    2008-04-13(Sun) 00:20 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | 編集 |
    [20080218]
    silk1.jpg
    映画『シルク』を観た。

    公開当初から観たいと思いつつなかなかこちらの都合と時間が合わなかったりで先送りにしてるうちに元々多くは無かった劇場が更に少なくなってしまったが、間も無く公開終了になろうかというこのタイミングでやっと観る事ができた。



    |||||[シノプシス:goo映画より]||||||

    19世紀フランス。戦地から故郷に戻った青年、エルヴェは、製糸業を営むヴァルダヴューから、蚕卵を入手するためアフリカ行きを依頼される。危険な旅を経て、蚕卵を持ち帰ると、それで得た富で美しい女性、エレーヌと結婚。自らも製糸工場を経営し、結婚生活は順風万帆であった。しかし、アフリカの蚕が病気にやられ、新婚のエルヴェに再び買い付けの依頼が。しかも、行く先はアフリカより遥かに遠い日本だった…。



    ⇒ 続きを読む

    2008-02-18(Mon) 22:10 映画 | トラックバック(1) | コメント(4) | 編集 |
    [20080211]
    wildhogs1.jpg
    映画『団塊ボーイズ/Wild Hogs』を観た。

    とにかくキャストが豪華、というか私が好きな俳優陣がなを連ねているので、まず最初に観ることは決定。

    監督: ウォルト・ベッカー
    脚本: ブラッド・コープランド
    音楽: テディ・カステルッチ
    出演: ジョン・トラヴォルタ(ウディ)、ティム・アレン(ダグ)、マーティン・ローレンス(ボビー)、ウィリアム・H・メイシー(ダドリー)、マリサ・トメイ(マギー)、ジル・ヘネシー(ケリー)他

    原題は “Wild Hogs”
    これは映画の中にも登場する重要な名前でもあるわけだが、
    で、邦題が『団塊ボーイズ』   ?????

    って、なんで、こーなっちゃうの? 
    マーティン・ローレンスがバッド・ボーズの片割れだからってこと?
    安易過ぎ。

    ネットで今日は何観ようかなって探しながら、
    この残念な邦題のお陰で危うくこの素敵な顔ぶれを見落としてしまうところだった(笑
    ⇒ 続きを読む

    2008-02-11(Mon) 23:54 映画 | トラックバック(0) | コメント(6) | 編集 |
    [20080203]
    americangangster.jpg
    映画『アメリカン・ギャングスター(American Gangster)』を鑑賞しようと新宿バルト9に赴いた。
    しかし、上映40分前にしてのこり席僅か。しかもチケットカウンター前は長蛇の列で進行も鈍い。ここのチケットオペレーションはオープン当初から遅いと感じていたのだが、未だ改善されていないのか・・・・?
    他の映画を観る人も居るだろうとは思ったが、いずれにしても辛い席になることは必至だったので、バルト9は諦めて歌舞伎町の新宿プラザまで歩いて向かってみた。
    こちらはバルトと比べると空いていた。新進の快適シネコンに比べると館内の古さは否めないし、全席自由席だったが、上映30分前位からオープンされていたので比較的見やすい席を確保し、一旦喫煙所に行くと・・・・何か客層がいつも映画館と違う。

    40~50代風の単独親父(ん?私もか!?)や2~3人組親父が多い。映画館というよりは南口のJRA場外系な人々。歌舞伎町という土地柄なのか、ギャングスターというテーマなのか・・・・。確かにballyもこのテーマと予告編を最初に観たときから“観たい!”と思って公開早々に劇場にやってきた一人だ。
    ⇒ 続きを読む

    2008-02-03(Sun) 22:16 映画 | トラックバック(0) | コメント(4) | 編集 |
    [20080127]
    jessy
    映画『ジェシー・ジェームズの暗殺』を観た。

    この映画の原題は,
    「The Assassination of Jesse James by The Coward Robert Ford」。
    実に長い!
    ・・・で、作品も160分、長~い映画だった。


    ====[シノプシス:goo映画より]====

    南北戦争にゲリラとして参加し、その後は犯罪集団となったジェシーとその兄フランクが率いるジェームズ一味。彼らが新たに企てた列車強盗計画に、ひとりの若者ロバートが加わった。彼は新聞や本でジェシー一味の活躍を知り、ジェシーに心酔していたのだ。列車強盗を行なった後、一味は分散して身を潜めることに。ロバートはジェシーに側に残るように言われ有頂天になるが……。

    ⇒ 続きを読む

    2008-01-27(Sun) 22:09 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | 編集 |
    [20080116]
    収納の奥に眠ってた昔のコンサート番組ビデオ復活特集第4弾。
    今日はライブビデオは、1993年、まだデビュー間もない頃のジャミロクワイの来日公演。

    川崎のClub Chittaで行われたこの初来日公演の模様は当時NHK-BSで放映された。

    ジャミロクワイが日本において幅広い層からもヒットメーカーとしてのポジションを確立し、洋楽ファンならずとも彼らを知る超メジャーな存在となったは、1995年のシングル“Virtual Insanity”以降ではないかと思うが、それより2年前となるこのライブも相当の盛り上がりを見せている。

    いやぁ、JK若い!
    ⇒ 続きを読む

    2008-01-16(Wed) 08:44 映画 | トラックバック(0) | コメント(5) | 編集 |
    BACK HOME NEXT
    copyright © 2005  “bally”  all rights reserved.

    Template By innerlife02

    RSS1.0 ,
    MUSIC PLAYER


    MusicPlaylist
    Music Playlist at MixPod.com

    FAVORITE SOUNDS

    MY BOOKMARK

    MOVIE BLOGS UPDATE!

    ----------------

    FUNK & SOUL BLOGS UPDATE!

    ------------

    関西トランスレイター

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。